あなたも知っていますか?3C分析とSWOT分析の違い!

あなたも知っていますか?3C分析とSWOT分析の違い!

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサー西村公児
銀座の事務所にて

こんな投稿を頂いたので共有します。

今日は西村公児さんのオフィスがある銀座で、
新プロジェクトの戦略会議でした。

尊敬する相原桂子さんに、マヤ暦でプロジェクトメンバー
の役割りを紐解いていただき、感謝です。

種沢たかゆきさんのリーダーシップと集客力、
西村さんの商品の仕組み作りと理論
松本桂輔さんの人をつないでくださる力と迅速な対応力!

全員の良さを集結して、
人の役に立つとても素晴らしいものを作っていきます。

素晴らしい皆さんにご縁をいただいて、
本当に感謝しかありません。

そして、西村さんが監修されている書籍
「好きなことで無理なく毎月10円稼ぐ方法」
をサイン付きでプレゼントしていただきました
本当にありがとうございます!

会議の後、種沢さんと松本さんに86を撮っていただきました。
嬉しい!

本題へ
ネット通販の新しい企画やプロジェクトのプロデュースを企画する場合には、3C分析は必須です。

私の通販プロデュースの第一歩のここからスタートします。

その3C分析のコンセプトを考案したのは、経営コンサルタントで有名な大前研一氏です。やはりすごい方です。

でも、そもそもなぜ 3C分析がよく使われているのでしょうか。今回は、このあたりに絞ってまとめていきます。

また、経営戦略ではよく使われるフレームワークですが、どのように使ったらよいのか?また、正しく理解して使うにはどうしたら良いでしょうか?

という質問もよく受けるのでサルでもわかる。。。
という基準で共有します。

分析のフレームワークをあなたも
使った3Cで自社の経営戦略の方向性を探ってみてくださいね。

その3C分析の「C」ですが、
・顧客分析(customer)
・自社分析(company)
・競合分析(competitor)
です。

自社の経営戦略の方向性が間違っていないかを確認するにはまずは自社分析が必須となります。

自社の「出来る=CAN」を更に詳しく分解するのは、
・売上高
・市場シェア
・収益率
・技術力
・人的資源
などを分析し、市場における自社の強み、弱みを探ります。

この分析を深めていくには、SWOT分析です。(自社視点)
内部環境(内的要因)×外部環境(外的要因)
の4つのマトリクスから導いていきます。

そのSWOT分析は、
・Strength(強み)
・Weakness(弱み)
・Opportunity(機会)
・Threat(脅威)
の4つのエリアから成り立っています。

ポイントは、企業の強みだけでなく、弱みについてもしっかりと分析していきます。

そして、

3C分析した後
・何を(製品)
・いくらで(価格)
・どこで(流通)
・どのようにして(広告・宣伝)

では、何のためという4Pの分析をしてみてください。当たり前ですが、単に、三者間の関係を説明しただけでは意味がありませんよ。

本当に、価値提供ができるターゲットとする顧客は実在する人物ですか?

自分が求めている顧客や顧客層は本当に自社の強みを欲しているのでしょうか?

ペルソナのターゲティングをしっかりと行ってください。競合は、本当にターゲットとする顧客との競合でしょうか?

分析の順番は
① 顧客
② 競合
③ 自社
が正しい順番です。

何事も顧客第一に考えていきましょう。その結果、変化に着目することがポイントです。A→Bの変化です。

顧客、競合に何か変化が起きていませんか?変化があれば、それに対応して自社の戦略も変わってきます。

小さな変化にも敏感なセンサーを身につけてください。紙に書いて調査をする場合は、ロジックツリーやミッシーを利用して漏れなく、ダブリなくすべて出すことが重要です。

まとめると、

3C分析とは、
・Customer 顧客
・Competitor 競合
・Company 自社

の3つの要素で市場分析のことを指し商品認知から購買までのファネル化を繋げるため、
・誰に
・何を
・どういう価値を

伝えていくかを決める作業とも言えます。また、3C分析とSWOT分析の一番大きな違いは、

・3C分析:顧客を中心とした視点
・SWOT分析:自社を中心とした視点

というのも重要なポイントです。

ちなみに、大前研一氏の戦略的3C分析でもKSF(重要成功要因)と呼ばれる業界の勝ちパターンをより一層掘り下げます。

そして、戦略を磨き上げるのです。

KSFの掘り下げは、顧客→競合→自社という順番は、前述の通りです。

 【追伸1】

無料で相談が出来る(最新!通販ビジネス成功6ステップ講座)
⇒ https://tsu-han10.jp/webinar/index_reloop.html

本業&趣味のスキルが活かせる「副業」案内「自分にはムリ」と嘆くのは、まだ早い!⇒ https://pink-project.net/

通販の売れる研究する勉強会が毎月1回実施していますので
ぜひ、覗いてみてくださいね!
⇒ https://tsu-han10.jp/wlp/201905ecseminar/

【追伸2】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

通販コンサルタントの場合、とくに商品やサービスを販売・提供するわけではなく、コンサルティングそのものが商品です。

つまり「クライアントの課題を明らかにする」こと、もしくは「課題を解決するための方法を考える、あるいは手伝いをする」ことそのものが商品であり、コンサルティング行為に対して報酬を受けます。

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。