成功するネット通販のマーケティングは、なぜ重要なのか?

成功するネット通販のマーケティングは、なぜ重要なのか?

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
銀座の事務所にて

特に急速に市場拡大することが特徴であるIT業界では、新しい商品やサービスが市場で大きく広がっていく過程で、大きな2つの買い手のグループ層に分かれてしまうというキャズム(断絶・溝)が起こります。

このキャズムは、買い手によって商品やサービスに求める価値が異なるために発生します。

売上を継続的に拡大する新しい商品やサービスを取り扱う時には、このキャズム(断絶・溝)を超える必要があります。

キャズムは人生においても実は起こるんですよ!
この溝には、しっかり向きあい次のステージに
向かうこtが重要です。

本題へ

なぜマーケティングが重要なのか?そのマーケティングに求められている背景についても共有します。あのP・ドラッガーが言っています。

企業の目的は「顧客の創造」であり、企業の成果を挙げさせるための基本的機能は

・マーケティング
・イノベーション

です。

顧客の要求からスタートするものがマーケティングです。顧客に新しい満足を生み出すものがイノベーションとイメージを持って頂ければよいです。

かつて日本をGDP世界第2位に押し上げたのはプロセス・イノベーションでした。プロセス・イノベーションとは、世界で高品質なモノが不足していた時代にモノ作りで確立して行きました。

世界に今日まで続くメイド・イン・ジャパンのブランドを浸透させました。

どう作るか?ではなく、何を作るのか?が優先され、ユニークで独自性のある商品やサービスが必要とされたのです。

これからはソーシャル・イノベーションの時代と言われています。

インターネットが広く普及したために個人や企業を問わず、発信することができます。

情報の伝播と拡散が急激に増大したのが背景にあります。

CSR概念が浸透し、企業への信頼性が永続的なビジネス活動には必須です。

地球規模の環境変動への関心が高まり、限りある資源の有効活用や人と自然と企業が共存する社会を目指そうとする意識が広く浸透しました。

P・ドラッカーによるマーケティングの重要性に示された企業の基本的機能は、マーケティングとイノベーションだけなのでしょうか?

イノベーションは新しい満足を生み出すとはどういうことでしょうか?

それは、企業は新たな価値を生み続けなければなりません。

市場は新しい価値を求め続け、それに応えられる企業だけが存続する、と言う理念に基づいているのです。

新しい価値は企業内部からでは無く、あくまで顧客を起点なんですね!新しい用途の開発、新たなマネジメントの方法なども含まれます。

P・ドラッカーは、マーケティングは、顧客からスタートする企業全体の仕組みであるとも言っています。売る仕組みではなく売れる仕組みなのです。

売れるが重要なんです。

わたしは、ネット通販で「モノ」ではなく、「ヒト」に焦点を当てて展開することをお勧めしています。

そのときに重要な事業構想のネタは4つあります。

・人口減少
→少子化、高齢化、晩婚化、婚姻率の低下

・「衣・食・住」の環境改善
→乗用車・家電製品などの普及が進み、所有から共有へ

・購買の選択肢の多様化
→インスタ映えが条件のサービス提供

・低成長時代の影響(デフレ)
→雇用条件の悪化、勤労者収入低減、働き方改革

このほかにも、各世代に景気動向が影を落とし消費性がかわってきています。

大切なことは、市場の成熟化に伴いコモディティ化への対策が必須になっているということです。

コモディティ化とは、市場が成熟した結果なんです。そして差別化されてきた商品が差別化困難な状況になったということです。

私が、サラリーマンのころは、練歯磨粉はそれ自体が一つのカテゴリーしかありませんでした。

今では、虫歯予防・口臭予防・美白効果・歯周病予防など、細かな部位別の悩みに明確にしたベネフィットに対応しています。

よって新商品もコンセプトを投入する余地も少なくなっています。

【追伸1】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
「愛されネットショップ教室」のオンラインサロンって何?

女子は楽しいが仕事にオンラインサロンで学べて
リアルでもアイディアが共有できるような環境を提供するために立ち上げましたご確認して見てくださいね!

「これは、女性のビジネススタイルの革命を起こす一大プロジェクト」で
名付けて、「ピンクプロジェクト」です。

私達は、女性の「時給単価を上げて働き方改革を実現する」をテーマに活動を
しています。
オンラインサロンはこちら
↓↓↓↓
https://pink-project.net/

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。