ネット通販で売れるためには、モノをうるな!の法則、あなた知っていますか?

ネット通販で売れるためには、モノをうるな!の法則、あなた知っていますか?

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサー西村公児
銀座の事務所にて

バレンタインの今日、
二カ月に一回ある
通販塾のフォローアップ
講座がありました。

デジタルとアナログを融合することで、
10Xを目標にしながら、
進捗確認をしていきます。

ある社長の一言で
びっくりした内容を
シェアしたいと思います。

それは、1000年続く
ビジネスをしているということです。

100年ではなく、1000年??

もっと、早く報告して下さいよ、
と思わず言ってしまいました。

決して義理チョコを
もらうために開催したのでは
なく、日程的にそうなってしまい
ましたが、驚きもハンパないです。

義理チョコ、気を使ってもらい
ご迷惑をおかけしました。

叩き上げで通販ビジネス
をしている社長さん、

また、私のように継承することなく、
独自で好き勝手をするため?
社長になっている経営者さん。

社長業は、色々面倒なことが多いのも現実です。

ご自身が気がついていない
価値が鬼のようにあることが、
ある意味羨ましく思いますね。

他人が言っていないことで、
これが付加価値になるか
否かわからないそうですが、
何でも良いのでまずは、
お話をして下さい。

発言していいですか?
という一言で、
メンバーも私も
氷つきましたが、こんな
リアルなシーンを体験できる
ことも講師冥利につきます。

100年続いた会社ではなく、
1000年、続いている会社の
秘訣を知るだけで
ワクワクしますよね。^_^

えっ、それってもっと
早く言って下さいよ、
と思わず、愚痴ってしまった
私の器がセコいって
思ってしまいました。

本題へ

ネット通販は単にモノを売る商売ではありません!
えっ、本当に?
という質問があると思います。

ゴールデンサークル理論を
今回の通販塾でお話しをさせていただきました。

ゴールデンサークル理論は、TEDにアップして
いるとても重要なコンテンツです。

このTEDというのは、Technology・Entertainment・Design
をテーマにした短時間のプレゼンテーションで、
世界中の叡智が結集した講演です。

私は、このTEDにおけるSimon Sinek氏の
プレゼンのゴールデンサークルが大好きです。

ゴールデンサークル理論は、
why・how・whatの3つの円で構成されていて、
物事の本質を説明するためのフレームワークです。

ネット通販は、モノを売ることだと思っているので、
・なぜ?
・どのように?
がとても重要になってきます。

私の考えでは
人は、何を(what)ではなく、なぜ(why)に心を動かさせる
ということです。

このゴールデンサークルのフレームは最強です。

たった5つの感情でお客さまは動き出す!!
売り込まなくても結果が出る“感情集客術”
の著書の佐々さんの著書にそのヒントは隠されています。

Why ・・・なぜそうするのか(信念、目的、何のためするのか)
how・・・どうやるのか(商品やサービスの説明、方法、理論)
what・・・何をするのか(商品、サービス)

円の外側から説明を始める
つまりwhat→how→whyという順番がプレゼンの
鉄板です。

ゴールデンサークルの中では、

Why:我々のすることは全て、世界を変えるという信念で行っています。
異なる考え方に価値があると信じています。

How:私たちが世界を変える手段は、美しくデザインされ、
簡単に使え、親しみやすい製品です。

What:こうして素晴らしいコンピュータが出来上がりました。

これが流れです。

生物学的にも、脳のwhyを司る部分に
働きかけることが重要だ
と証明されているとサイモン氏は言っていますが、
私もそう思います。

伝え方が下手な経営者は用件だけを伝えます。
だから売れないのす。

用件だけを伝えるやり取りは、
whatだけで終わるので時間は短く済むし
合理的に感じますよね!

しかし、その意図は
わからないのでしばしば認識にズレが生じます。

今回の通販塾では、直接売上をあげたいがゆえに
直接、モノをPRしてアピールしても
感情の準備ができていません。

・安全でいたい
・関わりたい
・認められたい
・変化したい
・貢献したい

の5つの感情の推移を意識することが
とても大切です。

何を信じているのか、
何を意図して伝えようとしているのか
相手にわかるよう心掛けてください。

まとめると、
人は「何を」のモノで行動するの
ではなく「なぜ」で動く生き物です。

人が意思決定を行う際、数字や理論は大切ですが、
最終的に重要になるのが感情や
直感的感覚であるというのが
サイモン・シネックの考え方です。

これが売れる通販の鉄板の公式です。

この前提において、この感情や直感的感覚に
訴えかけるためには、What(何を)ではなく、
Why(なぜ)がポイントになるのです。

 

あなたの会社の強みを引き出すワーク
本や他のセミナーでは絶対に学べない
超リアルな成功ノウハウを学べるに違いない

ーーーーーーーーーー
https://peraichi.com/landing_pages/view/planningidea
ーーーーーーーーーー

【追伸1】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。