ビッグデータを実践に活かすための通販業界の動向について暴露します!

最新!通販ビジネス成功6ステップ講座 – 経営者のための、年商10億通販テクノロジーを公開

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
銀座の事務所にて

最新の通販成功ノウハウや
成功事例動画を公開しています。

年商10億通販6ステップ構築シートを
期間限定で無料プレゼントをしています。

しかし

いくらデータを分析しても、
実際に行動をおこして活かさなければ意味がないですよね。

これはビッグデータの活用にも言えます。

本題へ

通販業界とビッグデータの関係についてお話をします。

そのトピックは、ビッグデータ活用
のためのやさしい通販業界です。

ビッグデータを分析しても、実際に行動をおこして
実践に活かさなければ意味がありません。

ましてこのブログを読んで頂いている経営者は、
売上をあげてナンボと思っていると思います。

通販業界がどのようにビッグデータ分析を
通販ビジネスに役立てようとしているかについて
お話ができる範囲で共有します。

ニュースになったのは、2013年7月9日でした。
通信販売業界大手ベルメゾンの千趣会が、
ビッグデータ分析プラットフォームを導入
というニュースでした。

通販ビジネスは、購入履歴を分析してDMハガキで
個別のダイレクトメールを出したりします。

会員による購入傾向をRFM分析して
商品企画や開発をしたりします。

昔からデータ分析していたのでは?と、
勘が良いあなたは思ったと思います。

なぜなら、最初は私も思ったからです。

今さらこんなニュースが出ること
を不思議に思うのも当然です。

しかし、当時の千趣会の活動をみると、
このニュースの意味がすこし分かってきます

ベルメゾンネットがデジタルカタログアプリを開始
Android版アプリに音声検索を導入
といった発表が少し前にありました。

簡単にまとめると、
経営計画の中のIRにも記載
されていましたが、
ベルメゾンネットと、それ以外のネット事業
との連携を強化だと言っているわけです。

オムニチャネルの構築をデータ活用で
構築するということになります。

このように大手の千趣会がビッグデータの活用と
いうニュースを出してくれたおかげで
通販業界全体にも拡大していきました。

通販市場は順調に拡大!
今や7.8兆円市場です。

しかし課題は人力(人海戦術)で対応しています。
このように、通販業界がビッグデータ分析を活用する
には、理由があったのです。

これまでの通販業界は、インターネットで
いかに安くターゲットに商品を届けるか?
で市場を作っていきました。

または、Eコマースのように
そのターゲットが買いたくなるような
品揃えができているか?

ターゲットが頻繁に買いたくなる
販促キャンペーンはどうするか?

に集中すれば良かったのです。

しかし今後は、一人の顧客について、
・自社サイト
・自社アプリ
・店頭
・ソーシャルメディア
・PR
などの、どこでもいつでも
情報を入手することが可能です。

よって様々な情報ソースが生まれてきたのです。

どこでどのように口コミを拡散したのか?
ユーザーのすべての行動を分析し、
ユーザーの次の行動を予測する必要が生まれてきました。

しかも、そのユーザーに
リアルタイムでお勧めをしなければならないのです。

「ビッグデータ分析」とは、
分析対象となるデータが大量というだけでなく、
データの多様性を受け入れ、
リアルタイムに分析することを意味しています。

ビッグデータの4Vとも言われています。

よって、多様なデータ入手元、
多様なデータ形式、
それらを瞬時に分析する体制が必要になってきているのが
今の通販業界なんです。

ビッグデータ分析を使い始めたのは、
アマゾンの脅威そのものです。

モノから価値が情報にシフトしており
アリババがAIを使って顧客データ管理を一元管理
して巨大企業になった事例があるからです!

【追伸1】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】

・いわゆる定期縛りの規制
・楽天の商品画像ガイドラインの変更

など、通販業界ではこれまで成功パターンとして
当然のように行われてきた方法に規制がかかったり、
方法が使えなくなったりとまさに変化の時を迎えています。

これまでのやり方が通用しない時代に
どうやって事業を成長させていくか迷っている人も多いです。

通販事業をしている人に向けて、ルール激変の時代に
勝つための最新の通販成功ノウハウと最新の通販成功事例
を公開します。

単品リピート通販を行っている方はもちろん、
総合通販を行っている人や、ECに興味がある人には
まさに必見の無料動画講座です。

自社で取り組んでいる方は必見、また、
通販会社さん等にお客さんが
いる方はぜひご紹介いただけると、かなり喜んでいただける
無料動画講座になります。

↓↓↓↓
http://investorsconnect.jp/lp/21961/965369/

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。