「売らない」から売れるに変身するための3つのキーワドとは?!

「売らない」から売れるに変身するための3つのキーワドとは?!

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサー西村公児
銀座の事務所にて

埼玉の個別コンサルのお客様もグルコンのお客様も
偶然にも同じ質問がありました!

その質問はこうです。

電車ポスターなどの広告で、「価格」やオファーが無い場合がほとんどです。

理由としては、多くが店頭販売品であり価格がドラッグストアや専門店で異なることが理由だと思います。その見解であってますでしょうか?

当社のように通販で店舗が無く小さなブランドの場合は、広告には何であれしっかり価格やオファーを入れるべきだと考えますがいかがでしょうか?

「他社事例」を参考にする場合も、「異なる前提」を考えないと見誤ると考えいますが、その点もいかがでしょうか?

私の回答はこうです。

ブランド広告は、価格を入れない。
レスポンス広告は、価格を入れる。
大原則です。
その上で、ブランド作りをどのように考えるのか?が戦略になります。

私の考えでは、通販を手段にしてメーカーへシフトすることを目的にする場合は、電車広告にも、金額は入れません。

ルーチェのビジョンは、小売業の変革を通販で実現する、です。
異業種の常識を入れることも小売業の通販には、重要ですね。
ライザップもアンファー社も通販会社ですよ。

でも、そんなイメージはないでしょう?

本題へ

小さなネット通販の会社でも
・新規性
・話題性
・社会性
の3つがあれば、ブランドを作れることになります。

私は、自信の経験則やクライアント様のご支援のコンサルティングの中からブランド構築に必要なものは、「新規性」「話題性」「社会性」の3つを外すことはできないという答えをもっています。

小売業の通販マーケティング哲学、すなわち、インターネットはモノを売る場ではないということです。

私に似合う洋服(アパレル)って何ですか?という1通のメールで悟った商売の本質アパレルを生産している国内工場に行って初めて分かったことがあります。

それは、三方よしという考え方です。

ネット通販で肌ざわりまで伝える方法は普通ありません。また、お客さまが感動する同梱物のやり方など具体的なノウハウがあります。

どの商売にも通じる、売ろうとしなくとも、売れる法則を公開しています。

日本実業出版社の『「売らない」から売れる!どこにでも売っている商品を「ここにしかない」に変える5つの法則』を参考にしています。

商品に込めたメッセージが買う理由になります。お客さまにベネフィットを伝える方法は五感軸です。

商品名に「お客さまの脳内で意味が直感的にわかる」ネーミングが最も有効です。

お客さまからのある何気ない問い合わせの1本のメールから生まれました・・・。
小林製薬さんのストーリーを語られる時使われるフレーズになります。

商品に「意味付け」があると、売ろうとしなくても自動的に売れていくということでした。

常識的に「売れないだろうな」と思われるものが、インターネットでは思わぬヒット商品になることもあります。

私の商品化の判断基準は、
・誰かが不便に感じているもの
・世の中にないもの、どこもやっていないもの&汎用性のあるものです。

そういう商品の場合は、もしかして売れないかもしれないという躊躇はなく、「いける!」と思ってしまいます。

すぐに実現すべく動いていますよね。笑

タオル専門に販売するサイトをオープンしてから、次の3つのような商品だけ扱うことをコミットメントしているブランドコンセプトのサイトがあります。

(1)質に自信を持てない商品は扱わない
  =自分で使いたいと思えないような品は仕入れない。
(2)贈り物にしたくなる商品を扱う
  =お客さまが、贈った相手から必ず喜ばれると思える品のみ。
(3)お客さまが自分へのごほうびにしたくなる商品を扱う
 =自分へのごほうびのタオルとして選んでさしあげたい商品。

子どものときにくるまれると気持ちがよかった、あのふわふわしたお気に入りのタオルクタクタになっても使い続けたいと思ってもらえるような愛着を持てるタオルが、手に入るベネフィットになります。

一般的には、通販の公式では誰がどう見ても儲かるとは思えない、と言われながら、タオルって消耗品だし、粗品でもらえるのでわざわざ買うものではないと思っていらっしゃるかもしれません。

これらの事例からいえることは、

・最も強いものが生き残るのではない。
・最も賢いものが生き延びるのでもない。
・変化できるものが唯一生き延びる

になります。

追伸1】

通販の売れる研究する勉強会が毎月1回実施していますので
ぜひ、覗いてみてくださいね!
⇒ 
https://tsu-han10.jp/wlp/201908lpseminar/

無料で相談が出来る(最新!通販ビジネス成功6ステップ講座)
⇒ https://tsu-han10.jp/webinar/index_reloop.html

本業&趣味のスキルが活かせる「副業」案内「自分にはムリ」と嘆くのは、まだ早い!⇒ https://pink-project.net/

【追伸2】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

通販コンサルタントの場合、とくに商品やサービスを販売・提供するわけではなく、コンサルティングそのものが商品です。

つまり「クライアントの課題を明らかにする」こと、もしくは「課題を解決するための方法を考える、あるいは手伝いをする」ことそのものが商品であり、コンサルティング行為に対して報酬を受けます。

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。