売れるネット通販と売れないネット通販の違いは売れるデザインにあった

売れるネット通販と売れないネット通販の違いは売れるデザインにあった

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
銀座の事務所にて

「通販事業はまだ始めてないのですが、
これから自社の新規事業として新たに取り組みたいと
考えています。
私でもセミナーに参加しても大丈夫ですか?」

という質問を頂いたり致しますが、簡単には儲かりません。
この事実を理解した上で、しっかり取り組んで頂ければ
輝かしい世界が待っています!

本題へ

ネット通販を見てすぐにわかることがあります。
なぜなら、私たちが毎日、ネット通販ビジネスのことを考え
クライアント様のネット通販の売上を伸ばすことを
考えているから解ることです。

それはズバリ、ネット通販で売れる理由と売れない理由です。
売れるネット通販か否かを見分ける方法について
少しお話しをさせていただきます。

売れるネット通販のためにまず大切なことは、
精神力ですが、真剣にネット通販に取り組む
ということです。

片手間でやっていたり、
簡単に楽チンで売れればいいな?
程度の考え方では、失敗します。

ネット通販の売上は、真剣に向き合わないと
満足のいく数字は出ません。

今の時代、ネット通販は
そんなに甘いものではないのです。

本当に売っているネット通販の会社は
全力投球をしています。

売れるネット通販の見分けるチェックポイント
は、売れるデザインで世界観が統一されているかどうかです。

売れるデザインちは、写真が綺麗で、
インパクトがあるデザインではありません。

商品コンセプトが解りやすく説得力があるかどうか?
が売れるデザインです。

売れるネット通販のみるべきポイントは、
こうなります。

・ここなら欲しいかもという事前期待があるのか否か?
・お客さまの声や権威や数値などの根拠があるのか否か?
・決済方法の女性向けの種類があるか否か?
・商品以外の費用がすぐに直感的にわかるか否か?
・店長の見えるネット通販になっているか否か?

先ず私たちが売れるネット通販のデザインとして
チェックをしているポイントです。

一つでも欠けているネット通販で売れている
ケースはありません。

ぱっと見るだけでこれだけの売れるデザインの
チェック項目になります。

売れるネット通販か売れないネット通販か
を知る重大なヒントでもあるのでしっかりチェックしてみてください。

売れるネット通販のための要素は、5つあります。
年商1億円を超える売れるネット通販
をいくつも作って来た経験から導き
出されたものだから信じてくれて大丈夫です。

1点目:通販マーケティング
yahoo!や楽天市場などのモール系に
ネットショップを出せば・・・という
甘い考えは持たないでください。

売れるネット通販に一番大切なのは、通販マーケティングです。
これをきちんとした専門知識で行わなければ意味がありません。

とりあえずネット通販さえ作ればという考えで
売れません。

通販マーケティングを制するものはすべてを制するです。

2点目:ネット通販のコンセプト
コンセプトがない所にブランド力は付きません。
小さな会社でもブランドを目指さないネット通販は
永遠に本当の安定はありません。

3点目:商品企画力
ネット通販に商品企画力は関係ないと言う人もいますが
そうではありません。

企画力がないと広報のPRだけに頼ることになると
縁やまぐれに期待するようなものです。

4点目:リピーターを作る
ネット通販のお店を偶然見つけて商品を購入しても、
お客様は基本的に「覚えていません」、また「他店に浮気をします」。

だからあなたのネット通販のお店はすぐに忘れています。

販売側の勝手な妄想は捨てて、
常に「買い続けてくださるお客さま」
を作る努力は必要です。

5点目:集客力を身に着ける
お客さまは、色々なサイトを比較することで、
すでに目が肥えています。
よって、検索でも検索される広告に依存しない仕組みを
作ることも重要です。

売れるネット通販に必要な5つの項目を
しっかり現場力と数値化していくと
すべては、掛け算となりレバレッジがかかります。

失敗する人や、競合調査をしていない
外部環境の変動に弱いネット通販
を運営している経営者は必ず足し算で考えています。

一つでも0があると失敗すると言う
危機感を持って運営していくことが大切です。

【追伸1】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】

・いわゆる定期縛りの規制
・楽天の商品画像ガイドラインの変更

など、通販業界ではこれまで成功パターンとして
当然のように行われてきた方法に規制がかかったり、
方法が使えなくなったりとまさに変化の時を迎えています。

これまでのやり方が通用しない時代に
どうやって事業を成長させていくか迷っている人も多いです。

通販事業をしている人に向けて、ルール激変の時代に
勝つための最新の通販成功ノウハウと最新の通販成功事例
を公開します。

単品リピート通販を行っている方はもちろん、
総合通販を行っている人や、ECに興味がある人には
まさに必見の無料動画講座です。

自社で取り組んでいる方は必見、また、
通販会社さん等にお客さんが
いる方はぜひご紹介いただけると、かなり喜んでいただける
無料動画講座になります。

↓↓↓↓
http://investorsconnect.jp/lp/21961/965369/

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。