「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」から分かる通販のヒットとは!

「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」から分かる通販のヒットとは!

今日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」
プロデュース業をメインに活動しています。

さて、本題へ
From:西村公児
銀座の事務所から

早いもので2017年も後1か月となりました。
2017年の流行語対象は、
「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」
になりました。

このような流行語大賞の背景には時代
の流れがあります。

過去、10年の流行語大賞は
こんなワードでした!

2006年 イナバウアー、品格
2007年 (宮崎を)どげんかせんといかん、ハニカミ王子
2008年 グ~!、アラフォー
2009年 政権交代
2010年 ゲゲゲの~
2011年 なでしこジャパン
2012年 ワイルドだろぉ
2013年 お・も・て・な・し、じぇじぇじぇ、今でしょ!、倍返し
2014年 ダメよ~ダメダメ、集団的自衛権
2015年 トリプルスリー、爆買い
2016年 神ってる

懐かしいですね!

今年は、その他に
このようなワードが受賞されて
いました。

睡眠負債
35億
Jアラート
ひふみん
フェイクニュース
プレミアムフライデー
魔の2回生
〇〇ファースト

になっています。

私の考えでは、SNSの力が無視できない
世の中になっており、一気に流行るキーワード
さえもだんだん盛り上がって一気にドカーン
というような感じですね!

こと通販業界に絞って
述べると、今年は世代間のギャップや
ライフスタイルの変化による消費が
目立つ傾向にありました。

例えば、楽天市場の発表によると、
東の横綱は、「ゆとり世代のタイムライン消費」
西の横綱は、「アラフォー世代のアルバム商品」
が選ばれたそうです。

ゆとり世代は、これまでの常識としては、
消費意欲に乏しいと言われてきました。

しかしながら、SNSが主流になった今、
タイムラインから流れる情報から自分の
好みにあった商品やサービスを消費して
いる傾向があります。

具体的な商品としては、
オイルで満たされた瓶に入った
植物標本「ハーバリウム」などがあります。

https://goo.gl/SvwbcW

このような商品は、まさに「愛されネットショッピング」の
教室で扱っているようなジャンルになるわけです。

他にも原宿で有名になった「電球ソーダー」なども
リアル店でもインスタ映えする、ということで
私も娘と行きました。

このように時流の流れに敏感な感覚を
常に磨いてください。

追伸

https://peraichi.com/landing_pages/view/netshopping-school

ネットショップで「愛される」の定義を
明確にしています。

このあたりの詳しい情報も無料でわかります!

女子は楽しいが仕事にオンラインで学べて
リアルでアイディアが共有できるサロンを
立ち上げました

ご確認して見てくださいね!

> https://peraichi.com/landing_pages/view/net-shop-school

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

 

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。