在庫管理を見える化するとネット通販の売上の桁が変わります

在庫管理を見える化するとネット通販の売上の桁が変わります

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサー西村公児
自宅のリビングにて

このタイミングで大きく体制を
変更したり、新しい課題に取り組むのが重要ですね!

なぜか、会社にアベノマスクが届いていました?
自宅ではなくなぜ、会社に届くのだろう?

本題へ

ネット通販の売り上げを上げるためには、
在庫管理をしっかりする必要があります。

売り上げ規模的なお話をいたしますと
月商300万円を超えたら最初に
運用を固める上においても
在庫管理は必須事項になります。

なぜなら、ランディングページやECサイト、
MAKUAKEのクラウドファンディング
アマゾンや楽天市場などのモールなど
横展開を視野に入れているケースが多いからです。

ネット通販は、店舗や大きな倉庫が
無いので、気軽に始めることができる
メリットもあります。

特に商品数の少ない最初のうちは、
一人のスタッフでも全く問題ありません。

売れ行きに応じて、徐々に商品を増やしていきます。
商品を増やしていくと同時に注文も増え、
売上も右肩上がりです。

一人のスタッフで受注から梱包、出荷、
そして発注までやっているので、
徐々に忙しさも増してきます。

ネット通販を襲うミスの連鎖が起きる兆しが発生する
タイミングは、受注が多くて出荷作業が追いつかなくなり
精神的に追い込まれて納期遅れが出るようなタイミング
におきます。

遅れを取り戻そうと、慌てていると梱包しようと思った
商品や同梱物のパーツが見当たらず、ミスを発生
させてしまうのです。

このような事件は1件だけではなく、
遅れが謝罪対応を生み、さらに、謝罪対応に
時間が取られ、また遅れを招くという悪循環が
発生しやすくなります。

このような状況になる前に対策を打つことが重要です。

小さなネット通販でも売上に
直接関わってくる販促どのマーケティングや広告
には熱心な会社が多いです。

売上はずっと必要ですから当然ですし、
ダイレクトに反応を見れるから
やっていても楽しいです。

もちろん、インターネット上の情報も豊富にありますし、
通販セミナーや通販の勉強会も数多くたくさんあります。

しかし、在庫管理となると話が変わります。

6ステップの3番目の立ち位置なので
スタート時はあまり気にする必要はありません。

しかし、商品数が増え、取引件数が増えてくると、
徐々にその存在感を増してきます。

よくあるシーンは、在庫管理の問題は
一気に沸点となってやってきます。

在庫管理の必要性を感じるのは、
実際に危機を迎えてからです。

当社にお話しが来るタイミングも
この時期が多いです。

しかし、危機を迎えてからでは遅いのです。
その対応に追われますます時間が無くなり、
全てが後手になる悪循環です。

在庫過多になると、販売機会を失った大量の
在庫の処分をしなければならず、
現金がショートし、支払いができず赤字という事態も
考えられます。

そうならないためにも

次に公式に入れて管理をしてみてください。
入口と出口を考えることを戦略的思考と
呼びます。

入荷(A)
受注(B)
出荷(C)
在庫(D)
(D)=(A)-(B)-(C)

当たり前の公式ですがとても重要です。

小さな数値のうちに在庫管理の計算式を
入れてエクセルで管理してみてください。

その結果、在庫管理を行うことで次のようなことができる
ようになります。

・在庫数の把握
・適正在庫のコントロール
・情報共有
・在庫の数値把握

正確な在庫数の把握は、ネット通販やネットショップの生命線です。

在庫管理とデータ管理のノウハウを身につけて、
情報と物品の数値が一致できるようにしてください。

その中でも2つの要素である、
情報共有と適正在庫のコントロール
になります。

小さな会社の在庫管理は、
個人レベルで行っているため情報は全て頭の中です。

仮にその担当が病気などで倒れてしまうと、
たちまち運営はストップしてしまいます。

また、在庫管理は、情報の見える化を必ず行います。
私がお勧めしているのは、模造紙や紙に書いて貼ってメンバーが
確認できるようにすることです。

情報が見える化すると、他人に仕事が任せられるようになります。

【追伸1】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。