ネット通販を始めるには「売り場」を決めなければいけません。

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
銀座の事務所にて

本店では、オプションサービスとして
・アップルペイ
・楽天ペイ
・amazonペイ
が使えるのですが(それぞれ月額手数料がかかります)

導入することによって売上がアップする可能性はあるのでしょうか。

売上が上がるとしても、
アマゾンや楽天などに売れた商品の情報が
流れることを考えると、避けた方が良いのでしょうか。

西村さんのサポートしてる店舗では、
導入してる店はありますでしょうか。

こんな質問がありました!
私の考えではこうです。

本店の支払い方法を追加で入れても
入れたことで売上が、増加することはありませんが、
顧客の利便性が増えるので満足度は上がると思います。

つまり、売上アップと顧客満足度は
相関するにしても短期的ではないと
いうことになります。

本題へ

とにかくネット通販を成功させたい!
そんな経営者に、ネット通販の成功の秘訣のイロハを共有します!

「ネット通販やECサイトを始めたい!」
と考えてはいるけれど、
・「知識がない」
・「ノウハウがない」
・「最初の第一歩はどうしたらいいかわからない」
・「たくさんノウハウがある中で何から手をつけたらいいかわからない」

という企業や担当者の方は沢山いるのではないでしょうか。

この連載では、ネット通販・ECサイトを始めるために
必要な知識の“超”ベーシックな基礎から、
専門的なノウハウまでをわかりやすく公開します。

ネット通販の「立ち上げノウハウ系のネット記事」は
たくさんあります。

良くいわれるのは、専門的な英語や横文字が多くて
イメージが浮かばない」という方もご安心して頂けます。

通信販売に魔法をかける専門家の西村公児が
全力を挙げて、ネット通販のスタートアップの
ゼロイチのネット通販をサポートします。

ネット通販やECサイトの始め方
ネット通販やECサイトの成功法則
ネット通販やECサイトをさらに売り上げの拡大をさせる方法
までを共有していきます。

すでにネット通販を始めているがうまくいってない
という人にも、きっとお役に立つことが可能な情報になっています。

ネット通販を始めたい(開業したい)理由は・・・
ネット通販を始めたい理由には、
・メーカーで働いているが、自社の商品を通販(DtoC)で販売したい!
・通販会社や関連企業で働いているが、天職アップして更に自分を磨きたい!
・とにかく売上を拡大させたい!
・ネット通販のノウハウジプシー(笑)
・上司からの命令で「稼ぐにはとにかくネット通販」

と言われて、2本目の柱として新規事業をネット通販で
始めなければいけない・・・

など・・・色々あると思います。

ネット通販を成功させるに
先立って「動く前に、しっかり考える」ことが
何よりも重要だとお伝えしたいと思います。

これは、全ての起業のマインドセットにもいえます。
「天職」か否かですと、私を良く起業メンバーには
そう言っています。

具体的には、「天職」とはこの3つの輪が重なった個所を
指します。

・ワクワクする(will)
・できること(can)
・必要とされている(needs)

です!
なんとなくでもいいから、とにかく始める
となりがちですが、
「何を(what)どうやって(how)やるべきか」を
まずしっかり把握する必要が成功への第一歩です。

どんな局面でも、一つずつ作戦を練っていきましょう。
作戦とは「ターゲットの悩み」と「自社(ご自身)が提供できる価値」
とを掛け合わせて考えていけば、自ずと「解」は
導き出すことができるのです。

今回の記事では、読者である
あなたが無事に「戦略」を立てることができるように
お手伝いをしていきます。

それではここからは、「売りたい商品がある」
という前提でお話を進めていきます!

ない、場合は、別の機会にお話をします。

売り場は、
「独自ドメイン」がよい?
それとも
「モール系」?
への出展
またまた、それとも両方だす

ネット通販で成功している7つの売り場
について

ネット通販を始めるために最低限必要な事案を共有します。
ネット通販を始めるには、前提として
「売り場」を決めなければいけません。
やり方としてはシンプルです。
「独自ドメインのネット通販のECサイトだけで展開する方法」
「ECやモール系に絞って商品を販売する方法」
「独自のネット通販を運営しながら、ECやモール系にも出店する方法」

の3つが考えられます。
もちろん「モール系から始めて、段階的に独自サイトのネット通販も
手がけて行く」、
もしくは、その逆もありえますよ。
さて「モール系」と一口にいっても、
実は鬼のようにあります。

考えれる「売り場」は
どんなものがあるでしょうか。
大きくこの7つが考えられます。

・独自ドメイン
・Amazon.co.jp
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
といった知名度が抜群でしかも、集客力のある大手モールに出品・出展する

その他には、リクルートライフスタイルが展開する
・ポンパレモール
KDDIコマースフォワードの
・Wowma!
ジオシスの
・Qoo10

といった新興モールに出店することもできます。

ハンドメイドなどに強い
・BASE
・STORE.jp
を使って、低コストで簡単に商品を販売することも可能です。

「メルカリ」・「ヤフオク!」・「フリル」といったオークションの
フリマサイトを使って販売してみることも可能です。

・ZOZOTOWN
・SHOPLIST(ともにアパレル)」
など、商品ジャンルに特化型のモールに出店・出展することも可能です。

まだまだありまして、地方自治体や商工会議所などが運営する
県産品モール・特産品モール系に出品・出展する
ことも可能です。

モール系にはそれぞれ違った特徴があります。
予算やリソースがあるのであれば、
「独自ドメインのネット通販もやりながら、
全部のモール系に出してみる」という方法もあります。

しかしながら、現実的ではありません。
20年以上通販実務をしているわたしですら全てに出展したことはありません。

では、「どこに出したらいいのか?」。
それは、コンセプトに依存します。
また、販売戦略によって異なります。

誰もが知っている有名なモール系に
お店を出しておけば、自動的に売上が上がる
なんてことは決してありません。

自社の戦略に合わせた最適な「売り場」
を検討しましょう。

「戦略」不在のままネット通販を
始めるのは極めてリスクが高いです。

あなたのネット通販に合う
よう「売り場」の戦略を考えて見てください!

自社の立ち位置を分析し、売り場を選択する
リポジショニングがとても重要になります。

例えば、
メーカーでもあまり売られておらず、独占販売権が
獲得できたなら、圧倒的に「Amazon.co.jp」
に出展することをお勧めします。

また、転売の延長で中古商品アイテムを販売するなら
オークション・フリマサイトが売りやすいと思います。

作品などがあり、予算がないけどすぐに始めたい!
ならインスタントECのBASEやミンネを活用するのも方法です。

デザインにこだわり世界観をブランディングしながら
事業を進めたいなら独自ドメインのネット通販やECサイトで展開する
が一番です。

など・・・

「売り場」毎の特色を念頭に、
「売りたい商品のターゲットはどんな人か?」
また、ターゲットに提供できる「独自の価値(UVP)」は何か。

さらに付け加えて、
・「予算」
・「リソース」
・ビジョンや使命など
を掛け合わせて考えると、やれることは実は限られてくるはずです。

そうすると自社にとって最適な最初の「売り場」はどこか?
自ずと答えは出てくるはずです。

ネット通販の全体設計図を考える際には、
・「ショッピングカート」
・「物流」
・「決済」
・「集客」
・「LTV」を考える必要があります。

詳しくは、伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)
をご確認下さい。

モールに出品・出展せず独自ドメイン(自社サイト)
で展開していくためには、
自社の商品特性などを踏まえた上で最適な
「ショッピングカートシステム」を導入する必要があります。

たとえば、単品リピート通販を事業にする場合には
リピストなどのランディングページと一体型が良い
と思います。

これらも全て、「思いつき」や「なんとなく」ではなく、
また、他社が使っているからではなく、
自社の方向性に合うようにしっかりと戦略を練りましょう。

売り場・カートが決まったら、
今度は・・・

「商品をどうやって配送するか、出荷業務をどうするか(物流)」
と「どんな支払い方法を用意するか(決済)」になります。
もっと言うと、6ステップ法の最後のピースの
「どうやってお客様を集めるか(集客)」
になります。

ただ流行りのツールやコストだけでなく、
戦略に基づいてシステムやサービス
などを選んでいかなければ、過度な投資になります。

そうでないと、思うように売上は上がらず、
当然利益を得ることもできません。
繰り返しになりますが何よりも重要なのは「戦略」と言う全体設計図です!

【追伸1】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
「愛されネットショップ教室」のオンラインサロンって何?

女子は楽しいが仕事にオンラインサロンで学べて
リアルでもアイディアが共有できるような環境を提供するために立ち上げました
ご確認して見てくださいね!

「これは、女性のビジネススタイルの革命を起こす一大プロジェクト」で
名付けて、「ピンクプロジェクト」です。

私達は、女性の「時給単価を上げて働き方改革を実現する」をテーマに活動を
しています。
オンラインサロンはこちら
↓↓↓↓
https://lounge.dmm.com/detail/618/

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

 

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。