価値創造の指針となる「ブランディング」の変容とは?【エシカルブランディング】

価値創造の指針となる「ブランディング」の変容とは?【エシカルブランディング】

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
自宅のリビングにて

オンラインが主流になった今、
ブランディングを考えることの重要性とは何か?
についてお伝えしたいと思います。

なぜ、改めてブランディングが今、重要なのか?
です。

肌感覚でリモートになってから、
あなたの会社にも売り込みを
含めて多くなっていませんか?

ウチの会社は、多くてうんざりです。笑

本題へ

すぐにMAツールを使って
日程候補を選択させるステップメールから

インサイドセールス的な相談窓口で
お悩み相談できるまで、本当にたくさんの
アプローチがあります。

そんな沢山のメールやLINEが届く中、
あなたの会社のタイトルだけは別に保存して
もらいたいですよね。

そのヒントになる流れについて共有します。

企業の価値創造の指針となるのは、
ブランディングです。

しかも、最初に結論をお伝えしますと、
さまざまな人と共に創る「共創ブランディング」が
今のブランディングの在り方になりつつあります。

誰かのためになるエシカルブランディングです。

さて、その理由について順番のお伝えしてしておきます。

ブランディング自体は長きにわたり語られてきた言葉です。
色んなセミナーでも定義化されています。

私も通販セミナーや通販勉強会でも同様に「意味付けする」
と定義して説明をしています。

今では、デジタル化やグローバル化にコロナの
社会的距離を意識する複雑な外部環境が
発生してきました。

端的に言えば、一方的にブランドをつくるのではなく、
さまざまな人と共に創る「共創ブランディング」の

エシカルブランディングが
今のブランディングの在り方になりつつあります。

この共創のブランディングのいことを
エシカルブランディングという新しい概念
で呼ぶことにします。

日本を世界に向けてリブランディングするためにも
大きなポイントになるかもしれません。

理由は、海外から人がこれないからです。

ブランディングは、今、どう変わっているのか?
これからの日本社会にどんな機会をもたらすのか?

・コミュニティーブランディング
・スタートアップブランディング
などの2方向について、その可能性を考えていきます。

はじめに、新しいコロナ時代の
エシカルブランディングの3つのポイントを解説します。

ポイント1:
誰もが主役となる共創の世界観を創る

顧客やパートナーを巻き込む
価値創造の仕組みづくりです。

企業・ブランドと一人一人の顧客が
直接つながるデジタル時代です。
直接会えなくても、回線を通じてオンライン上でも
人と繋がっていたいのです。

これまでは、メディアを介するよりも
直接的な体験や関係値によって
生み出される体験価値(UX)が、
大きな意味を持っていました。

SNSやシェアリングサービスなど
個人が主役のプラットフォームが普及し、

しかも、問題解決の手段として今や誰もが
情報発信ができ、価値創造の創れる時代になりました。

ブランドの情報やコンテンツも、
企業発のものよりも顧客の体験や評判が
より大きな影響力を持つようになっています。

従来型は、
企業と消費者(有形サービス)
先生と生徒(無形サービス)

今では、
企業の世界観&お客様の世界観(有形サービス)
先生の価値観&生徒の価値観(無形サービス)

共にブランドを創る
「共創」といったイメージに近いです。
別名をエシカルブランディングと呼びます。

いまや、こうしたパートナーをも
巻き込む価値創造の仕組みづくりが
欠かせない時代だといえます。

現代のブランディングは、単にモノの消費を
促すマーケティング手段ではありません。
企業や組織経営の目的であり、
社会的な価値共創を実現するパワーとなるものです。

目指すべき価値やアイデンティティーを共有しながら、
顧客視点で価値提供が重要です。

ポイント2:
エシカルブランディングは形容詞系から動詞系へ

エシカルブランディングは、
「製品」ではなく「人(顧客・社員など)のコミュニティー
を置いてみる発想が求められます。

ブランドイメージをつけて顧客を引き付ける、
いわば形容詞系ブランディングです。

カッコよい・オシャレ
に代表されるワードの世界です。

一方、新しい生活様式でのブランディングは、
社会的な課題解決などの目的を顧客やパートナーと共有し、

その実現に向けて一緒に価値を生み出すアクション
(行動)を促しながら、コミュニティーを形成する
活動を意味しています。

この一連のエシカルブランディングを
対比して動詞系ブランディング
と呼んでみましょう。

ポイント3
企業や組織を超えたコミュニティーを作る

メーカーも顧客と直接つながる
プラットフォームを形成し活用することです。

それは、製品起点から顧客起点
の新たなブランド価値創造を強化することが、
誰かのためになるというプロセスそのものになり
エシカルブランディングになります。

ご注意くださいね!

【追伸1】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
「愛されネットショップ教室」のオンラインサロンって何?

女子は楽しいが仕事にオンラインサロンで学べて
リアルでもアイディアが共有できるような環境を提供するために立ち上げました
ご確認して見てくださいね!

「これは、女性のビジネススタイルの革命を起こす一大プロジェクト」で
名付けて、「ピンクプロジェクト」です。

私達は、女性の「時給単価を上げて働き方改革を実現する」をテーマに活動を
しています。
オンラインサロンはこちら
↓↓↓↓
https://lounge.dmm.com/detail/618/

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。