【総復習】単品リピート通販を成功させる方法!

【総復習】単品リピート通販を成功させる方法!

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています

From:通販プロデューサー西村公児
銀座の事務所にて

明日で、当社の業務は終了です。

午後から大掃除をして慰労会をして
解散になります。

娘は、オーストラリアに
年末年始にかけてお友達に会う
ために日本にいません。

怒涛の令和元年も終わりかと思うと
やりきった感はありますね! 笑

本題へ

インターネット通販で注目されていた
単品リピート通販をまとめて解説しておきます。

動画の中でも解説をしていますので確認してみてください。

単品リピート通販を成功させるための
通販マーケティング戦略をざっくり理解
して頂けると成功確度があがります。

リピート通販は集客機能がありません。
よって、インターネット広告からの集客が全てです。

よって広告が不調に終わると短命になります。

理由は、定期購入という
複数回に渡って購入してもらうモデルの
リピート通販は、世界観で勝負をしていないため
購入につなげる難度が高いからです。

顧客とのタッチポイント
をリスティング広告以外で増やしていく

努力が不可欠で、ここにマーケティング
のスキルが必要になります。

SNSの運用・SEO対策
コンテンツマーケティング
など長期的な視点のマーケティングが必須
になります。

また、マーケティング以外に
いったいどんなテクニックで必要
なのでしょうか?

物販との違いが
わからない方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は単品リピート通販の特徴やメリット、
などを共有していきます。

その単品リピート通販は
商品をお客様に定期購入のリピートという売り方
で購入してもらう販売の手法です。

その最たる例としてあがるのが、
定期購入のビジネスモデルです。

定期購入の3回縛りなどがその
究極のテクニックになります。

現在は、禁止の方向にあります。
※総額表示の義務や解約可能なことを明示する必要がある。

その中でも、リピートしてもらうことが前提なので
商品アイテムは、シリーズやブランド化ではなく
一種類の部位に特化した専用商品にしぼって
インターネットで販売を行うこと
に違いがあります。

この手法が単品リピート通販です。

その単品リピート通販の特徴ですが、
定期的になくなることが前提で

リピートしてもらうために
美健分野の健康食品や化粧品

といった日常消耗品
が取り扱われています。

さらに言うと、単品リピート通販を
行っている多くの会社は自社ブランドの商品
をOEM経由で作ってもらっています。

よって、仕入れて販売するといった
物販とは違うのです。

仕入れがない、のも特徴です。

その単品リピート通販のメリットとデメリット
になりますが、
メリットは3点あります。

・自社のオリジナル商品ため利益率が高いこと
・定期購入をしてもらうため売上予測が立てやすいこと
・自社のこだわりのコンセプトが出せること

その魅力的なメリットがある
単品リピート通販ですが、
もちろんデメリットも存在します。

デメリットも3点あります。
・オリジナル商品のため認知度が低いこと
・顧客を獲得するまでの費用が掛かること
・ライバルに、真似され易いこと

いづれにしても、販売する商材は一つなので、
コンセプトが外れると売り上げが立たない
という負け組みになります。

その結果、ドライテストで市場性があるか否かを
見極めるのです。

単品リピート通販は、商品のクオリティを
上げるだけでなく、リピーターになって
もらうための仕組みづくりが重要です。

一般的なEC通販との違いは、
どの部分が違うのでしょうか?

ここではその決定的な差異をお伝えします。

決定的な違いは、
・多くの商品を取り扱うのがECサイトになります。
・扱う商品ジャンルが美健分野以外も含まれる。

繰り返し購入していただくことで
利益を得る販売方法のため、

消耗品や定期的に販売される
日常消耗品に特化した単品リピート
通販とは違います。

その特長は、総合通販と同様で
仕入れて販売するのと
自社ブランドとして取り扱う、という2つがあります。

令和元年に和暦が変わっても
単品リピート通販の市場規模はどんどん広がっています。

アメリカのある記事によりますと
リピート通販の市場は
過去5年の間に毎年2倍以上の成長をしています。
つまり右肩上がりの市場です。

・購入場所が限定的である
・独自性がある
・消耗品などの美健分野

をベースに考えているなら
単品リピート通販をお勧めします。

私は、単品リピート通販という売り方よりも
似たような販売方法の頒布会の方を推薦しています。

その頒布会は、顧客コミュニティや会員制も
構築しやすいのでリアルとの体験を得やすくなります。

リピート通販が同一商品を定期的に
届けるのに対し、体験会をベースにした
頒布会は毎回違う商品やサービスも提供することが可能になります。

もともとは、総合通販の千趣会さんが
その頒布会という売り方を実践していました。

季節ごとに旬の野菜を届けたり、
赤ワインをシリーズで提案したり
深いファン層まで届きます。

ファンが通販のショップは、
毎月異なった商品のセットを
ワクワク感と共に届けることができます。

 

【お知らせ】
youtubeチャンネル
売れるデジアナ戦略思考チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCxrQWY0HlXqFcOfe02_uztg

【追伸1】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
「愛されネットショップ教室」のオンラインサロンって何?

女子は楽しいが仕事にオンラインサロンで学べて
リアルでもアイディアが共有できるような環境を提供するために立ち上げました
ご確認して見てくださいね!

「これは、女性のビジネススタイルの革命を起こす一大プロジェクト」で
名付けて、「ピンクプロジェクト」です。

私達は、女性の「時給単価を上げて働き方改革を実現する」をテーマに活動を
しています。
オンラインサロンはこちら
↓↓↓↓
https://lounge.dmm.com/detail/618/

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。