通販の成功には、なぜ、お客様の声は1名ではなく、4名必要だったのか?

通販の成功には、なぜ、お客様の声は1名ではなく、4名必要だったのか?

今日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」
プロデュース業をメインに活動しています。

さて、本題へ
From:西村公児
銀座の事務所から

通販を極めていくと
とてもマニアックな世界に入っていきます。

私は、好きですが、蕁麻疹ができる方も
いるかもしれませんね!

どのくらいマニアなのかを
共有します。

【定期引上チラシへのお客様の声について】

日々、具体的なご指導に感謝いたします。

指導いただいた内容に全てが
フィードバックできておらず恐縮ですが、
並行してご指導おねがいします。

引上チラシの再度のリニューアルで
現在1名のお客様の声を4名に
増やしたいと思い修正案が上がってきました。

A3の2つ折りの用紙になりますが、
4名載せると文字サイズが
小さくなり読みづらくなると感じています。

A案:小さくても気になる人は読んでくれるから4名掲載

B案:冬なので冷え性の方を1名採用して
  夏バテ版と冷え性版を作り季節に応じて切替

また、LPのリニューアルで
お客様の声を今回の4名分に
差し替えを行っていきたいと思っています。

ご享受よろしくお願いいたします。

こんな質問を頂きました。

そして、その回答は、

案の人数4名で進めてみてください。
理由は、見込み客の気になる
個所が複数あるほうが良いからです。

悩みは1つではない、からの理由です。

余白を調整してできる限り文字を
大きくして4名分を掲載します。

紙媒体でお客様の声を示すので
余白を調整する必要があるのです。

季節要因(冷え症・夏バテ)は、
チラシを別途販促プロモーション
として使用するのは良いです。

夏の悩み

冬の悩み

は、おのずと異なります。
異なった悩みや痛みがあるほど、
素晴らしいコンテンツになっていることを
知っておいてください。

お客様の声は、なぜ、多い方が良いのか?
その答えが分かったと思います。

追伸
ネットショップで「愛される」の定義を
明確にしています。

このあたりの詳しい情報も無料でわかります!

女子は楽しいが仕事にオンラインで学べて
リアルでアイディアが共有できるサロンを
立ち上げました

ご確認して見てくださいね!

> https://peraichi.com/landing_pages/view/net-shop-school

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

 

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。