通販の成功の秘密はバカ売れのランディングページの流れを掌握する

通販の成功の秘密はバカ売れのランディングページの流れを掌握する

こんにちは!
売れる通販プロデューサーの
西村公児(株式会社ルーチェ)です。

今日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」
プロデュース業をメインに活動しています。

さて、本題へ

こんな質問を頂きました。
売れるランペの型を教えて欲しいということでした。

今から解説を致しますが、
その前に商品を商品として販売すると本当に苦労します。

まずは、この女性の声を見てくださね!

悩み事は、個人で中国から仕入れた商材を、
amazonやヤフオクで販売しようとしているのですが、

規定枠の中だけで表現しても差別化が図れず、
また、特にamazonの場合は他人に商材を真似されやすい。

と言った点を打開する売り方を模索して行き詰まっている。
のが悩みになります。

次回、この回答にもお答えいたしますが、
本日は、売れるランペの型についてお話をします。
パターンは一つではありません。

が基本の型はこんな流れです。

・ヘッダー画像
・実績
・メディア掲載
・お客様の声(感謝の手紙が届いています)
・価格表+申し込みボタン
・申し込み7つの特典
・こんな悩み、こんな不安
・3つの原因
・その解決法
・証拠提示
・お客様の声
・価格表+申し込みボタン
・お客様の声
・UVP(誰がいうのか?・何を言うのか?)
・開発秘話
・申し込み特典
・価格表+申し込みボタン
・返金保証
・製品情報
・会社情報

・ヘッダー画像
・価格+申し込みボタン
・こんな悩み(こんな方にオススメ)
・解決法
・証拠提示
・お客様の声
・申し込み特典
・定期コース説明+申し込みボタン
・価格表+申し込みボタン
・返金保証
・お客様の声
・第三者の推薦
・返金保証
・価格+申し込みボタン
・申し込みフォーム

どのパターンにおいても
ターゲットを1名に明確にして
しっかりターゲットに訴求することが
重要になります。

ランディングページが良ければ、
少ないコストで多くの成約数を得ることができます。

この売れるパターンで
ページ作成をご参考にしてみてください。

追伸
企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。