小さな会社がブランドを創る上で大切なタグラインとは!

小さな会社がブランドを創る上で大切な考え方とは!

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
自宅のソファーで振り返り・・・。

【9月に向けての取り組み】

あなたがスポットライトを浴びるために
大切をことがあります。

実は、このルールはとてもシンプルですが、
訓練が出来ていないとなかなか実践できません。

そのたった一つのルールを共有したいと思います。

あなたがスポットライトを浴びるためには、
実は自分自身を通販化することが重要なんですね!

通販化って何?
そう思ったあなたは、正常です。

通販化とは、気が付けば「だんだん欲しくなるように
事前に設計すること」
だと私は考えています。

では、愛されネット教室のオフ会で学習した
セミナー内容をまとめてみましょう。
前回のセミナーの内容を
3つのポイントにしてまとめると・・・
こうなりました。

覚えていますか?
—–
・プロフィールと肩書を編集するだけで、あなたの価値を飛躍的に高めることができる
・”何を”書くか(企画)ではなく、“誰が”書くかが重要
・【具体的⇔抽象的】を交互に使用するというフレームワーク
—–

他にも、こんなテクニック
をお伝えしました。

・間をもってお話をする
・目を見るのではなく、眉毛を見る
・話をする内容を短くする
・自分から見て左奥・右奥・左前・右前と目線を配る

でも、テクニックはあまり重要ではないので
3つのポイントに絞りますね!

書き手であるあなたの魅力を
相手の心に届けるための

1分間プロフィール作成(NHK式)
のフォーマットを共有しました。

これらの武器は、これからブログや販売サイトを
作成する中でとても重要です。

個人の力がより発揮できる、1億総メディア時代では、
プロフィールと肩書を編集するだけで、
あなたの価値を飛躍的に高めることができるのです。

その結果、あなたがスポットライトを浴びることが
可能なんですね!

では具体的な事例も交えて
お話を共有したいと思います。

【カリスマ編集者に学ぶ
プロフィール戦略について】
です。

こういった時代に、プロフィールがどれほど重要かは、
専門家の視点を知ることで浮き彫りになります。

100冊以上の書籍を担当している、
業界でも有名なカリスマ編集者の言葉を共有します。

彼から教えてもらった、売れる編集者に共通する
「企画書の判断基準」を、こっそりお伝えしますね。

これから書籍の出版を目指している方の参考にもなると思います。

売れる書籍を生み出すカリスマ編集者には、
たくさんの企画書が届きます。

その判断基準の共通点。何だと思いますか?
出版が実現する人と、実現しない人の企画書には、
ひとつ大きな差があるというのです。

「企画書の内容は見ません」
と、カリスマ編集者が言ったこのひと言に、
その答えがあります。

特に、はじめて出版する書籍の場合は、
著者が1人で創りあげるというよりも、
編集者と一緒になって創っていきます。

そして、その過程で企画の内容自体もどんどん変わっていきます。
ですから、「変わっていく内容」を基準に企画書を判断しないのです。

では、いったいカリスマ編集者はどこを見ているのでしょうか?

それが『プロフィール』です。

変わっていく企画に対して、変わらないもの。

それは【著者】です。

”何を”書くか(企画)ではなく、“誰が”書くかが重要
なんですね!

ではどうするのか?

ステップ1
UVPを完成させる

ステップ2
UVPを通して肩書を作成する

ステップ3
1分間NHK式のフォーマットに落としてみる

ステップ4
具体的なシーンと抽象的なテーマを交互に入れる

その結果、誰が言うのか?
に凄みがつきます。

では、9月20日の次回のオフ会の撮影会を
楽しみにしています!

本題へ

小さな会社がブランドを創る上で大切な考え方に
タグラインがあります。

タグラインはブランドが約束する価値を
文字にして要約して説明したものです。
そのブランドが何をやっているのか?
何をやりたいのか?
を表現しています。
テレビCMで良く流れているので
知っている方も多いと思います。

アサヒビール
すべてはお客さまの「うまい!」のために。
●味の素
あしたのもと AJINOMOTO
●インテル
インテル入ってる。
●カルピス株式会社
カラダにピース
●キリンビール
おいしさを笑顔に KIRIN
●コスモ石油
ココロも満タンに
●小林製薬
あったらいいなをカタチにする
●サントリーホールディングス株式会社
水と生きる
●資生堂
一瞬も 一生も 美しく
●JT
 ひとのときを、想う。
●ツムラ
自然と健康を科学する
●NIKE
JUST DO IT.(1988年)
●HONDA
The Power of Dreams
●マスターカード
お金で買えない価値がある。
●ロッテ
お口の恋人
●ローソン
マチの”ほっ”とステーション

など沢山のヒントが
大手企業にはあります。

花王のヘルシア緑茶の場合も
商品パッケージ、POP、小冊子など、全てに
「体脂肪がきになる方に!」

と記載があります。

ブランドに統一感があるのです。

このように使用するパッケージ、
DMをはじめ、ダンボールなどにも
あなたのブランドを示すメッセージやキャッチフレーズを
付記するだけで立派な「ブランドツール」に
変身するのです。

メッセージやキャッチフレーズが抽象的であると
相手に伝わらないので注意が必要です。

例えば、小さな会社のネット通販の会社が
上場企業のように
「健康をお届けする」、
「いつも笑顔で接する」

と伝えたところで、あまりにも
抽象的で伝わらないでしょう。

広告の影響であなたの会社を理解することなく
購入しているお客さまも多いはずです。

だから、そのような方に教育する、
又は、理解して認識してもらう絶好の機会となります。
ダイレクト通販マーケティング
の最初のステップとして、
ターゲット顧客層を理解し、独自のブランドを確立
させる方法についてのポイントを
お伝えしておきます。

商品・サービスを使った時の機能的な特徴
商品・サービスを使った時の勘定的なベネフィット

それぞれに感情的な
ベネフィットを文字化した
上で表現しなければなりません。

ネット通販のビジネスにおいて
お客さまにお送りする(見せる)全てのツール
が「ブランドツール」となることを認識してください。

例えば、商品に同梱する挨拶文や使い方も該当します。

また、お客様にプレゼント品としてお送りするオファーや
ギフトも使い方を工夫するだけで立派な「ブランドツール」となります。

ギフトをギフトとして
使用せずにブランドツールに変身させてあげてください。

ネット通販ビジネスにおいて全てを点検してみてください。

社名、色使い、言葉遣い、ロゴ、パッケージ、
注文用紙、パンフレットなどの同梱物

メールの記載内容、ホームページなどすべてです。

あなたがコントロール出来る身の回りの
あらゆるものを「ブランドツール」
として捉える心構えが必要なのです。

全方位で通販マーケティングとして
機能しているかを今一度、確かめてみましょう!

まとめるとポイントは、こうなります。

・ネット通販のビジネスを一言で表現する
「ブランド」を創り出すこと。

そのためには、全てにお客さまの目に触れるものは
認識してもらう工夫が重要です。

・ブランドに統一感を持たせること。
時と場合によってコロコロと言う事を変えないこと。

・お客さまが見聞きするかもしれないあらゆる
全てに注意を払うこと。

身近なモノ全てを「ブランドツール」「販促の機会」
として捉えよう!

・発信する全てのツール(名刺、封筒、HPなど)
は全てに一貫性を持たせるように細心の注意を払うこと。

まずは、同じことを言い続ける一貫性になる
リソースを抜き出す作業をしてみてください!

【追伸1】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
「愛されネットショップ教室」のオンラインサロンって何?

女子は楽しいが仕事にオンラインサロンで学べて
リアルでもアイディアが共有できるような環境を提供するために立ち上げました
ご確認して見てくださいね!

「これは、女性のビジネススタイルの革命を起こす一大プロジェクト」で
名付けて、「ピンクプロジェクト」です。

私達は、女性の「時給単価を上げて働き方改革を実現する」をテーマに活動を
しています。
オンラインサロンはこちら
↓↓↓↓
https://lounge.dmm.com/detail/618/

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。