通販ビジネスの現場でLTVを分析して成果を出すコツを公開します!

通販ビジネスの現場でLTVを分析して成果を出すコツを公開します!

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
自宅のリビングにて

人間ドックの検診にいってきました。

通常の人間ドックでは検査を実施していない、
肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、
胆嚢・胆道がん、膵臓がん、腎・膀胱がん、
前立腺がんなど、最大14種類のがん検査
を血液を採取して検査します。

なんと8本も血液を抜かれました!

本題へ

LTVとはLife Time Value(ライフタイムバリュー)の略です。
成功している通販ビジネスにおいては、かならず実施している
ことになります。

一般的には、顧客生涯価値と翻訳されたりしています。
「生涯」といっても顧客が生まれてから亡くなるまでではありません。

ネット通販の場合は、1年間というのが一般的です。

一般的には、その通販企業との取引期間を指します。
また顧客にとっての価値ではなく、
顧客が通販企業にとってどれぐらい利益貢献するかを測るものです。

言葉の単語から雰囲気からあやまったイメージを
抱きがちなので注意が必要ですね。

今回は通販事業者のCRM活動において
重要な指標となる通販LTVについて、現場目線で共有します。

顧客に選ばれ続けるためには何が重要なのでしょうか?

いま、新規顧客獲得単価は高騰の一途を辿っています。
PPC広告は、1.5万円から2万円ぐらいです。

特に健康食品や化粧品といった単品リピート通販の場合、
競合商品も多く存在しているので差別化ができません。

そんな中、ひとつでも多く売るためには
広告の力を頼らざるを得ませんよね。

さらにネットでは比較検討されやすく、
どうしても価格競争に巻き込まれます。

ますますその結果、利益確保が困難になります。
よって、単にモノが1度売れただけでは全く利益が出ないのが
通販ビジネスの実態なんです。
そこで重視されるのが優良顧客の確保になります。
また、顧客との継続的な関係性構築です。

一度だけでなく二度三度と購入してもらう。
この仕組みが施工するネット通販の秘密になるのです。

また、他の商品にも手を伸ばしてもらうクロスサーブにもなります。

漆器の商品の投入の度に購入してもらう確率があがります。

気づけばその顧客にとってなくてはならない
存在になっているのです。

顧客に選ばれ続けるための施策で通販LTVを
最大化させる必要があるのです。

ちなみにこの通販LTVですが、
購入単価と購入回数の掛け算によって算出されます。

数回にわたり私のこの公式を公開しています。

いまやダイレクト通販マーケティングの世界では
広告費の最適化にCPAだけでなく
LTVも加えて判断するKPIを示すことが-
最新の通販トレンドになります。

どれだけ集客しても一度だけの購入で
関係性が途絶えてしまえば収益の最大化は図れません。

もちろんそうならないために
あの手この手でアプローチするのですが、
それでもリピート率が低い場合は、そもそもの広告出稿
に問題があります。

その仮説のもと、費用対効果が良い広告だけを
残して集中的に予算投下すれば、
リピートする可能性の高くなります。

顧客の獲得効率も上がるというわけです。

いくらCPAが良くても
リピートしなければその広告出稿を止める
という判断が重要なんです。

この通販LTVの向上を通じて取り組みたいのが
いかにファンをつくるかということと、
そのための顧客視点のシナリオづくりです。

カスタマージャーニーについては
まさにその原点にもあります。

カスタマージャーニーとは、
顧客ごとタッチポイントで
どんな体験をしてもらえばより
再購入や定期購入につながるかを設計することを
指しています。

LTVを向上させるリピートシナリオをつくる
ことが成功する通販ビジネスの必殺技になります。

ひとことで初回購入者といってもWebで買ったのか
オフラインで買ったのかではその後の施策が変わってきます。

まずWebの場合、初回購入から2回目購入に
引き上げるところが全てのポイントです。

ここは教育系のステップメールが主流です。
しかしながら、ステップメールで教育をしても
引き上げられる顧客は全体の30%ぐらいです。

一方、買わない人をほったらかしにしないということも
重要です。
一方で圧倒的に多いのはメールが来ても買わない顧客です。

ここの層は放っておいて構わないか、
というとそんなことはありません。

買っていない理由を探るのことも重要です。

メールを開封していないのか?
クリックしていないのか?

サイトまではたどり着いているので
なんとか顧客とのタッチポイントを生み出し、
LTVを高める工夫をしてみましょう!

今回は、ネット購入の場合を取り上げてみましたが、
電話やDM、カタログ、FAX注文など
のオフライン通販ビジネスでも同様です。

SMSで発送のお知らせを送る、
同梱物でメッセージを伝えるなど
とにかく顧客との接点を作ることが重要です。

おもてなしの姿勢を訴求することが実は重要なんですね

【追伸1】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】

・いわゆる定期縛りの規制
・楽天の商品画像ガイドラインの変更

など、通販業界ではこれまで成功パターンとして
当然のように行われてきた方法に規制がかかったり、
方法が使えなくなったりとまさに変化の時を迎えています。

これまでのやり方が通用しない時代に
どうやって事業を成長させていくか迷っている人も多いです。

通販事業をしている人に向けて、ルール激変の時代に
勝つための最新の通販成功ノウハウと最新の通販成功事例
を公開します。

単品リピート通販を行っている方はもちろん、
総合通販を行っている人や、ECに興味がある人には
まさに必見の無料動画講座です。

自社で取り組んでいる方は必見、また、
通販会社さん等にお客さんが
いる方はぜひご紹介いただけると、かなり喜んでいただける
無料動画講座になります。

↓↓↓↓
http://investorsconnect.jp/lp/21961/965369/

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。