売れる通信販売を目指すための10のチェックポイントとは?

売れる通信販売を目指すための10のチェックポイントとは?

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサー西村公児
自宅のリビングにて

明日は、計画運休や高校野球が順延したり
超大型台風に対する備えの準備がメディアのお陰もあり、
かなり進んでいますね!

私も東京に戻ってきています!
台風に振り回された夏季休暇でした!

本題へ

ネット通販の売れるための10の秘訣を共有したいと思います。
その理由は、売れないネット通販は、何故売れないのか?という質問を受けるからです。

売れないネット通販は、何故売れないのか?結構、重たい問題です。

売れたいけどなかなか売れない。
どうやったらいいのかわからない。
どうやったら売れるネット通販になれますか?

という質問を受け、本当にこういう質問が多いです。あなたはこの質問の一番駄目なところがわかりますか?

その答えは、質問している経営者さんご自身が自社のどこが駄目なのかを理解していないことなんです。

つまり、
どこが悪いかを判断するKPIの指標をもっていないことなのです。
ネット通販で売れるために行うべきことは限られています。

せいぜい、150個ぐらいです。最新のマーケティング手法を入れても
200個もテクニックはありません。

・お客さまの売上と広告投資との費用対効果から損益を考える。
・お客さまが興味をもちやすいオファーを作る。
・お客さまの購入しやすくなるような世界観をつくる。
・お客さまがクリックしたくなる導線を作る。

数値のKPIは入れていませんが、言われてみればごく普通の内容です。

・お客さまが理解しやすいランディングページを作る
・お客さまが購入しやすいショッピングカートを作る
・お客さまが継続したくなるようなフォローメールを作る
・費用対効果があう広告を出稿する

これも普通ですよね!
でも、ここに数値などの条件が入るとノウハウに変貌します。

ここまで読んで、偉そうに当たり前のこと並べるな、と思いかもしれませんが、この当たり前の目標と実績のギャップに対してPDCAを回して進めていくことに意味があります。

この作業を面倒臭がらずに、言い訳せずに実践しているか否かが売れるネット通販であり、売れないネット通販との違いなんです。

そんなヒントになればと思うので売れるネット通販の10のチェックポイントをお話します。

この10個のチェックポイントは数値を加味するだけで
とてもパワフルになります。

□販促全体を年表や図表にして整理できていますか?
□オファーはABテストしながら決めていますか?
□お客さまのLTVは把握してますか?
□効果測定は明確になっていますか?
□広告の投資対効果のCPOは決めていますか?
□ABテストの条件を揃えていますか?
□商品のLP(ランディングページ)はありますか?
□お客さまが離脱しない導線になっていますか?
□教育系のステップメールは、抵抗心理の壁を突破していますか?
□限界利益率を管理していますか?

まずは、ひとつずつ自社に当てはめて、今現状できているか否か実績数値を確認してみてください。

この作業を全て完璧にするだけでも、必ずあなたの会社のネット通販の売上は桁を変えていきます。

□販促全体を年表や図表にして整理できていますか?
思いつきでキャンペーンを運営してはいけません。自社のキャンペーン構造を正確に説明できますか?

現状の理解が完全にできていなければ、問題の解決への道は見えません。しっかり販促キャンペーン全体を一枚のフロー表でまとめておきましょう。
全体の販促費は、20%から25%がKPIです。

□オファーはABテストしながら決めていますか?
一番売上に影響するのはお客さまへの商品オファーです。
適当に他社のマネをして決めたオファーを組み込んでいませんか?
送料無料やポイントなどのその具体例です。

TOPからのオファーまでのファーストビューでピートエンジンが80%以上
残っていたらOKです。

□お客さまのLTVは把握してますか?
一人のお客さまを獲得したら、自社の売上はいくら上がるのか目標を立てておかないと投資ができません。
年間の売上と顧客数の割り算からざっくりとしたLTVは最低でも把握
しておいてください。

過去の履歴を見なおして、キャンペーン実施の
お客さまおひとり当たりのLTVを数値で確認してください。

ネット通販の場合平均LTVが18000円以上でないとモデル的に
しんどいです。

□効果測定は明確になっていますか?
ROAS(Return On Ad Spend)
=1年間の売上/1年間の広告費の目標KPIは決定しておくと良いです。

ちんみに、ざっくりですが、ROAS=LTV/CPOでも算出は可能です。

ネット通販の規模にもよりますが、ネットマーケティングに特化した通販会社の場合は、100%から150%くらいがKPI目標になります。

私が、現役でネット通販の広告を回していた時代は、一発回収型モデルがありましたが、今はほぼないと考えてください。

□広告の投資対効果のCPOは決めていますか?
まずはLTV>CPOだけをしっかりみてください。回収は、LTVまで確認した上で広告のテストを実施するのが必須です。

LTV=18,000円の場合、CPOは15,000円ぐらいが最低バーになります。

□ABテストの条件を揃えていますか?
テストは、最低この3つです。
・オファーテスト
・クリエイティブテスト
・キャッチコピー
です。

テスト運営する場合、一番注意しないといけないのは条件を揃えることです。

全く違う2つをテストしても、何が良かったか、何が悪かったかわからず、テストの意味を持ちません。

優先順位は、オファー>クリエイティブテスト>キャッチコピー
の順番です。

□商品のLP(ランディングページ)はありますか?
ネット通販は、ファネル化モデルです。

よって、広告費が最初で回収できることはありません。LPに法目してもらい、見込み客の問題を提起し、解決策を提示した上で、権威と実績を見せながら商品のメリットやその先のベネフィットを伝え、購入までの自己開示から解決に導くためのストーリーをしっかり設計したLPは必須になります。

800クリックでCVが1%以上でるようなLPを
最低でも作成してください。

□お客さまが離脱しない導線になっていますか?
ネット通販で一番離脱が多いのは、フォームから商品購入までのショッピングカートです。
LPと一体型が最も好ましいです。次のページに飛ばした瞬間に離脱をします。
ショッピングカートのページ遷移は平均8ページとも言われています。

余計な個人情報をとらず、導線の遷移を避けて簡潔に、です。

□教育系のステップメールは、抵抗心理の壁を突破していますか?
お客さまに大量のメルマガを送りつけていませんか?
大量に送りつけられる広告メルマガは誰も開きません。

お客さまごとに、欲しいと思う商品を欲しいと思うタイミングで送らなければ意味がありません。

その前提の上で重要なことは、まずは、欲しいと思って頂くために事前に人間の抵抗心理の壁を突破しておく必要があります。

それって本当?というあの疑いの気持ちの除去です。

・信頼の壁の突破
・安全/安心の壁の突破
・機会の壁の突破
・効果・効能の壁の突破
が抵抗心理の壁に当たります。

ステップメールで引き上げは、
最低でも15%を目指してください。

□限界利益率を管理していますか?
ネット通販の場合、広告がメインです。
一度成功した広告は何度実施してもある程度の結果を残します。

悪いメニューは二度とやらないように除外リストにいれて、良いメニューをポートフォリオとして蓄積してください。

諦めずにこの作業を繰り返すことであとで大きな財産となります。

なぜなら、新規開拓は広告費、既存顧客の維持費は、販促費になりその全体を含めて原価利益がどうなっているか否かを損益を月次で閉めることでわかります。

目標の限界利益率は30%です。この数値を維持するためには、広告からの脱却ができていないと達成はできません。

【追伸1】

通販の売れる研究する勉強会が毎月1回実施していますので
ぜひ、覗いてみてくださいね!
⇒ 
https://tsu-han10.jp/wlp/201908lpseminar/

無料で相談が出来る(最新!通販ビジネス成功6ステップ講座)
⇒ https://tsu-han10.jp/webinar/index_reloop.html

本業&趣味のスキルが活かせる「副業」案内「自分にはムリ」と嘆くのは、まだ早い!⇒ https://pink-project.net/

【追伸2】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

通販コンサルタントの場合、とくに商品やサービスを販売・提供するわけではなく、コンサルティングそのものが商品です。

つまり「クライアントの課題を明らかにする」こと、もしくは「課題を解決するための方法を考える、あるいは手伝いをする」ことそのものが商品であり、コンサルティング行為に対して報酬を受けます。

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。