ネット通販のアマゾンのイノベーションを言えますか?

イノベーションとは?イノベーションの定義

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサー西村公児
出版社との打ち合わせにて

午前中は、出版社との打ち合わせをさせて頂き
企画を練って提出に向けての切り口の方向性になります。

競合調査からの自社の切り口が
出版企画には重要になります。

その上で、問題解決が読者に体系的に
できていればOKということになります。
伝統的×イノベーション
という切り口で売れている「市場を変えろ」
の本を出している出版社さんです。 笑

本題へ

唯一無二の価値を作ることが情報過多の時代に難しくなってきました。
理由は、直感的にわかる価値がわかりにくいからです。

そのためには、価値の概念そのものを考え直す必要があります。

例えば、ポジショニングによって再定義するリ・ポジショニングも今もとても有効です。

しかし、なかなか成功するビジネスの勝率は高くはありません。そんなヒントになっているのが神田昌典さんのインパクトカンパニーです。
U理論に独自の視点が加味されています。

また、永井さんの著である「市場を変えろ」の書籍にも書かれていますが、「レガシーマーケット・イノベーション(LMI)」の考え方も時流にとてもあっています。

伝統的なマーケットに新しいアイデアやテクノロジーを導入し、収益性を高め、イノベーションに富んだ商品やビジネスモデルをつくり出すといった考え方になります。

あの業界で働きたいと誰もが憧れるようなマーケットに刷新するのがLMIのめざす世界だそうです。私は、これら2冊の書籍を通じて感じることがあります。

それは、イノベーションの再定義です。一般的には、中小企業とは縁遠くて難しいものです。
また、イノベーターは、素晴らしい経営者で天才的なセンスもあり
決してマネをすることはできません。

こうした、世間が陥りがちな後ろ向きのバイアスや常識を一新することが
実は、人間の妄想の中にはあると思っています。

逆手にとる発想法こそが、イノベーティブです。
近年では、事業継承が難しく、やむなく廃業する中小企業が増えています。

これが日本経済の地盤沈下の一因ともいえます。では、イノベーションの意味を定義してみます。もともとのは、イノベーションとは「革新」という意味です。

また、一般的には、こう定義されています。

新たなものを創造し、変革を起こすことで経済や社会に価値を生み出すことをいいます。

イノベーション(innovation)は外来語であり、「技術革新」「新機軸」とも訳されます。

よく技術革新と訳されるために誤解されますが、技術の進歩だけがイノベーションではないということになります。

社会に革新をもたらすような新たな創造全般を指します。

あのネット通販のプラットフォーマーのAmazonは独自の販売戦略と物流システムを構築し、ネット販売にイノベーションを起こしました。

イノベーションには5つの理論があることを定義されています。
下記の5つの理論1つ1つが「イノベーション」です。

新しい製品生産:新たな消費者を生む新技術や新製品などの開発。
新しいプロセス化:新たな生産効率、生産スピード、生産方式などの開発。
新しいマーケット:企業、店舗、ネット販売などの新たなマーケットの開拓。
新しい供給源の獲得:資源、原料、の買い付け先を開拓。
新しい組織の実現:新たなシステム構築で組織を創出。

もっとざっくりとまとめると
商品・プロセス化・売り先・仕入れ先・座組
の刷新や組み合わせになります。

今現在、あなたも使っているイノベーション事例をご紹介します。今の情報社会を支えている イノベーションの一つがインターネットです。

インターネットが普及し始めたのはまだ最近の話で、初期のパケット通信(インターネットのベースとなる技術)の開発が1960年代から始まり進められました。

その後、1982年に世界規模でインターネットという概念が提唱され、営利目的でインターネットプロバイダのサービスがスタート。
もうすぐ5G到来というレベルにまできています。

【何を】
有形⇔無形
リアル⇔インターネット
【誰に】
既存市場⇔新規市場
業界内⇔業界外
【価値提唱】
整理⇔創発
セールス⇔コミュニティ
を組み合わせるとイノベーション×プロデュース
のヒントの卵が完成します。

追伸1】

通販の売れる研究する勉強会が毎月1回実施していますので
ぜひ、覗いてみてくださいね!
⇒ https://tsu-han10.jp/wlp/201909lpseminar-house/

無料で相談が出来る(最新!通販ビジネス成功6ステップ講座)
⇒ https://tsu-han10.jp/webinar/index_reloop.html

本業&趣味のスキルが活かせる「副業」案内「自分にはムリ」と嘆くのは、まだ早い!⇒ https://pink-project.net/

【追伸2】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

通販コンサルタントの場合、とくに商品やサービスを販売・提供するわけではなく、コンサルティングそのものが商品です。

つまり「クライアントの課題を明らかにする」こと、もしくは「課題を解決するための方法を考える、あるいは手伝いをする」ことそのものが商品であり、コンサルティング行為に対して報酬を受けます。

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。