売れる企画の5つのポイントとは?

売れる企画の5つのポイントとは?

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサー西村公児
自宅のリビングにて

GWはいかがお過ごしですか!?

私は、集中できる時間を確保したいので本を読んだり
仕事をしたりして楽しみます。
あとは、大阪に帰省をします。

本題

ネット通販の成功にも通じる売れる企画5つのポイントを共有します。サラリーマン時代からよく言われたことがあります。

それは、売れる企画を考えて来いでした。

あなたも、こんなことを上司に言われて途方にくれたことはありませんか?

企画を考えるだけでも大変ですが、それをパワポに表現をしてそのうえ、「売れる」という言葉がプロデューサーになりますと、売れることが当然なので、プレッシャーを感じてしまいますよね。

売れる企画を作るために、頑張っても上からも認められないのが現実です。

その結果、売れる企画を考えるなんて自分にはできないと思い込んではいませんか?

しかし、あなたは、あきらめるのはまだ早いです。

あきらめる前に私の体験を読んで頂ければ幸いです。

売れる企画のポイント
・ポイント1 単純でわかりやすい内容か?
・ポイント2 具体的に数字を使っているか?
・ポイント3 意外性のある内容か?
・ポイント4 信頼できる内容か?
・ポイント5 感情&ストーリー性がある内容か?

売れる企画の5つのポイント

ポイント1
単純でわかりやすい企画内容か否か?

その企画の内容を一言で説明できますか?一言でいうと、どう凄いのか?

小学生がわかるくらいわかりやすい内容になっていますか?

何が言いたいんだろう?!では、まず売れる企画とは言えません。

複雑な表現はなるべく少なく、わかりやすい言葉で表現しましょう。

ポイント2
具体的に数字を使っているか?

売上アップであれば、どのくらいアップするのか?短期間で達成であれば、どのくらいの時間がかかるの?

このような内容では具体性が伝わりません。

どのくらいの金額から売り上げアップするのか?どのくらいの期間がかかるのか?は、人によって基準はバラバラです。

どの人が読んでも同じ評価になるように数値を入れて表現をしてください。

ポイント3
意外性のある内容か?

まず人は、見ない・信じない・行動しないというマーケティングの基礎です。そのためには、ギャップを意図的に作ることが重要です。

たとえ、商品が同じであってもギャップがあったり、驚きがあるものに人はついつい惹かれてしまいます。

商品のみならず、開発者の人柄など印象に残る人物やエピソードを紹介するのが重要です。

誰もが驚くような意外性を盛り込みましょう。そのためには、ネタ探しは日々の鍛錬が必要です。

ポイント4
信頼できる内容か?

信用ができるお客さまの声は、必ず入れてください。実際に使用をした人の生の声があると信頼性が増します。

お客さまの声の定義ですが、商品やサービスを実際に使用したお客さまの生の声です。

よって、自分が購入を検討している商品やサービスの率直な感想を知ることにより、お客さまは安心して商品を購入することができます。

ポイント5
感情&ストーリー性がある内容か?

感情移入されると心が揺さぶられます。
その結果、

・もっと知りたい
・先が知りたい

と自然と感情が動きます。

その結果、行動まで引き起こします。感情移入するようなストーリーを組み込む必要があります。

なぜこの企画を考えたのか?という問いからスタートしてみてください。

その企画が生まれるまでの秘話は重要です。

・裏話
・苦労話
・失敗談

ただの企画ではなく、人を絡ませることが重要です。

また物語はできるだけ逆転劇になると良いです。

簡単に言うますと、
昔はこんなにダメだった○○が、今は○○のようになりました

と夢のようなAB変化のトーリーは、誰からも好かれる内容です。

通販の売れる研究する勉強会が毎月1回実施していますので
ぜひ、覗いてみてくださいね!

https://tsu-han10.jp/wlp/201905ecseminar/

【追伸1】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
「愛されネットショップ教室」のオンラインサロンって何?

女子は楽しいが仕事にオンラインサロンで学べて
リアルでもアイディアが共有できるような環境を提供するために立ち上げましたご確認して見てくださいね!

「これは、女性のビジネススタイルの革命を起こす一大プロジェクト」で
名付けて、「ピンクプロジェクト」です。

私達は、女性の「時給単価を上げて働き方改革を実現する」をテーマに活動を
しています。
オンラインサロンはこちら
↓↓↓↓
https://pink-project.net/

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。