売れる通販のランディングページの構成とは?

売れる通販のランディングページの構成とは?

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサー西村公児
銀座の事務所にて

今日は、東京でもすごい雨でしたね!長靴を履いて会社に行く羽目になってしまい、会社員のような地獄を味わいました。

たまたまのアポが重なり、どうしても会社に行く必要が
あったため、とても大変です。

そんな中、私がサラリーマン時代にお世話になった元上司から
電話があって、こう言いました。

Oさん
西村?
久しぶり。 元気か?

西村
はい。おかげ様で元気です。

Oさん
8月ですべての仕事を俺辞めるわ?!

西村
それは素晴らしいですね!
私の親にも仕事を辞めて自分の人生のために時間を過ごして
欲しいと言っている最中なんですよ!

私にお祝いをさせてください。

Oさん
お前からそんなことを言われるとは
思わんかったわ!
また連絡するね!

西村
お待ちしています。
私が仕切りますので!

Oさん
じゃ、任せるね!

私の3年目のサラリーマン時代の課長さんです。
上場企業の元管理職ともこんな会話を
今でもさせて頂くことができることが
私の強みです。

本題へ

広告とランディングページに一貫性をもたせることはとても重要です。先の通販セミナーの中でも具体的にこのようなお話をさせて頂きました。

例えば、腰が痛くてその対策アイテムをインターネットで探していたとします。

検索結果に「腰痛改善率90%以上の〇〇治療院」という広告文を見つけてクリックしました。

この結果から言えることは、アイテムという商品に興味があるわけではなく、腰痛を改善したい欲求があることがわかります。

さらに、出てきたページが「肩こり・首コリが治りました」というキャッチコピーだったとすると永久にお客さまになることはできないのです。

なぜなら、腰痛を解決したいのでありその腰痛に関しての情報がないからです。

ここで「あれ?自分が探していたところと違う。」というミスマッチが起こってしまい、ユーザーはページから離脱してしまうのです。

今は、極端な事例でお話をしましたが実際はこのようなことが非常に多く発生しています。

検索広告とディスプレイ広告ではユーザーの心理状況は違うのでこのあたりにも目配りをする必要があるのです。

【検索広告とユーザーの心理】検索広告は、特定のキーワードで検索しているユーザーに向けて広告を出します。

ユーザーは、その商品やサービスに対して興味があり購買意欲も高い状態です。もっと商品やサービスについて詳しく知りたい更に、良いものを選びたいという根本的な心理があります。

ディスプレイ広告は、ユーザーが閲覧しているサイトのページ上に広告が表示されます。その為、検索広告と比べてユーザーの購買意欲は低いのです。

自分の意志で検索しているのではないからです。なんか広告的なページが出てきたぞというレベルなんです。つまり購買意欲が低く興味がないため、まずは興味付けから入る必要があります。

このユーザー心理を理解した上で、配信ネットワークに適したランディングページやバナーをつくる必要があります。

次回の通販セミナーでもお話する予定ですが、まず基本的なランディングページの構成を理解してみてください。

大まなか構成ですが、
・キャッチコピー
・ボディーコピー
・クローズドコピー

の3部で成り立っています。

この構成は、通販のランディングページ固有の型ではありません。それぞれ重要な役割を担っています。ここからは、その役割についてお伝えします。

マーケティングの3つの壁を超えることがまずは、マインドセット的には重要です。

お客さまに行動してもらうために3つの心理の壁を超える役割があります。

・キャッチコピーは「読まない」
基本的にユーザーはしっかりページを見ないし、読みません。そのようなユーザに興味を持ってもらい、読む体制を作る目的があります。

・ボディーコピーは「信じない」
キャッチコピーを読んでもらった次は、ユーザーを話の中にどんどん引き込んで、商品やサービスについて納得してもらう目的があります。

また共感できる話をして、結果をみせ、これは自分に必要な問題解決だと判断して頂くための証拠と数値が必要です。

・クローズコピーは「行動しない」
最後はセールスでいうクロージングです。通販的には、今すぐお電話ください、です。

商品を今買わなくてはならない理由、買っても損しないと安心させられる保証をつけることが重要です。

今じゃなくても良いよね他も調べて見ようと思わせないことがポイントです。

見ない・信じない・行動しないの壁の突破と言われてます。キャッチコピー(読まない壁を超える)ユーザーの心を鷲掴みにするキャッチコピーが必要です。

あなたの商品を使うとどうなるのかという変化に訴えてください。これをベネフットと呼んでいます。

権威・数値の提示(信じない壁を超える)メディアに掲載された権威や商品の受賞歴などを載せます。

共感できる話、タメになる話(信じない壁を超える)ユーザーに共感してもらい、自分事として捉えてもらいます。共感できるストーリーは、ユーザーとの心理的距離感が近くなるので効果的です。

また、「すぐに活かせる」情報や「得をした」と思える情報を入れることによって、信頼から行動へとつながっていきます。

解決できる証拠(信じない壁を超える)商品やサービスを利用することで、解決する仕組みや根拠を説明します。

ただの商品や成分の説明にならないようにしてください。ベネフィットライティングと呼ばれる擬態語・擬音語による変化を中心にするのがポイントです。

ただの特徴を伝えるのではなく、その商品やサービスを手にすることで「得られる結果」を合わせて伝えていきましょう。

商品メリットの裏付け(信じない壁を超える)開発秘話を伝えてより安心感を与えたり、お客様の声をいれて信頼してもらえるようにします。

商品やサービスを受ける時は、第三者が勧めるものは信用できそうだという心理があります。

行動するメリット(行動しない壁を超える)キャッチコピー、ボディーコピーと読んでくるとこの商品・サービスが良いのはわかったでも、他と比較検討してみようかな……
という気持ちが沸き起こってきます。

このような、すぐに買わない(行動しない)理由を探すところに先回りします。

アクション(行動しない壁を超える)更に背中を押すために、限定性や希少性をだし「今すぐ買わないと、損してしまう!」と思わせて即行動して貰うように促します。

売れるランディングページはユーザー心理の逆算をして作られているのです。

1 広告とランディングページに一貫性をもたせる
2 配信ネットワークごとに逆算したつくりにする
3 キャッチコピーで読まない壁を超える
4 ボディーコピーで信じない壁を超える
5 クローズドコピーで行動しない壁を超える

すべてはユーザー心理の逆算から始まります。

【追伸1】

無料で相談が出来る(最新!通販ビジネス成功6ステップ講座)
⇒ https://tsu-han10.jp/webinar/index_reloop.html

本業&趣味のスキルが活かせる「副業」案内「自分にはムリ」と嘆くのは、まだ早い!⇒ https://pink-project.net/

通販の売れる研究する勉強会が毎月1回実施していますので
ぜひ、覗いてみてくださいね!
⇒ https://tsu-han10.jp/wlp/201905ecseminar/

【追伸2】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

通販コンサルタントの場合、とくに商品やサービスを販売・提供するわけではなく、コンサルティングそのものが商品です。

つまり「クライアントの課題を明らかにする」こと、もしくは「課題を解決するための方法を考える、あるいは手伝いをする」ことそのものが商品であり、コンサルティング行為に対して報酬を受けます。

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。