通販のコンサルティング会社のルーチェは、独自の価値を最大化します。

ネット通販のビジネスにおいて、
商品だけでなく、唯一無二の価値を提案できなければ
必ず負ける事実をご存知ですか?

他社ばかり気になる
他社から真似されると不安になる。
他社と比べて劣等感を抱いてしまう……

そんな事が気になったりしませんか?

多くの企業はモデリング、
パクってなんぼの世界でビジネス活動をしています。

大企業さえ良い商品があれば
モデリングしてあなたの売上を奪うでしょう。

あなたはそんな時どうやって戦いますか?

独自の価値を作ることができれば、
「他社と比べられない強烈な差別化」が出来ます。

実は、発売から6ケ月以上経過をしていますが、
【小さな会社】ネット通販 億超えのルール
の書籍のコメントを頂きました。

マーケティング関連の本は、どれも内容が薄かったり、
あまり実践的に使えると思えるものがなかったのですが、
この本はとても内容が濃く買って良かったです。

始める前に読んでいれば、
もっと効率よくできたなぁなんて思いました。

というお客様の声を頂きました。

ただUVPの作り方などストーリーのない人でも作れるということで、
サンプル題材を選んでいるのでしょうが、ちょっとそれは説得力がなく
理にかなった納得する内容でなかった分わかりづらく感じました。

読者限定のスペシャル特典の例がよりわかりやすく参考になりました。

こんな追加でもアドバイスを頂きました。

独自の価値をつくり、統一された「売れる仕組みを設計する」
とは、小さい会社は、勝つための武器を手に入れなければ
大手の会社に負けてしまいます。

リピートシステム、ドライテストなど
売れる仕組みなどもそうした武器ですが、
なかでも最大の武器となってくれるのが、
自社独自の価値観や世界観、商品コンセプトなどの独自の価値です。

どの競合会社とも異なる独自の価値を作ることができれば、
自然とお客さまの「共感」「感動」が生まれ、
小さな会社でも大手の会社と戦うことが可能になります。

【ビジネス全体を独自の価値を中心にして
組み立てると社長自身が大きく動かなくても運営できます。】

独自の価値を確立できたら、商品コンセプトづくりにもその価値観
や世界観を投影・反映させていきます。

メッセージに沿った商品やサービスでなければ、
お客様はそこに違和感やズレを感じてしまいます。

逆に独自の価値に合致した商品やサービスで
あればお客様が共感します。

その後、独自の価値に合わせて売れる商品と儲かる商品を構築します。
これが小さな会社が成功するための最短ルートを爆走できる売り方、
ビジネスモデルだと、自信を持って断言します。

なお最初にこの仕組みができてしまえば、
社長自身が大きく動かなくても社員だけで
ビジネスを運営できると言うメリットが生まれてきます。

【発表!5つの要素で構成される。独自の価値】

1.誰が言うのか?
2.何を言うのか?
3.ストーリー
4.ギフト
5.世界観

特に大切なのは「誰が言うのか?」で経営者である社長自身が、
どんな夢や希望、不満や不安、
あるいはどんな思想や嗜好を持った人物であるかの部分です。

例えばステーブ・ジョブズがApple社製品を販売する場面を考えてみます。

もしAppleが「普通」の会社であれば、こんな具合の謳い文句を使うでしょう。
「私たちはすばらしいコンピューターをつくっています。

ファッショナブルなデザイン、操作はシンプルでユーザーフレンドリー。どうですか?」

しかし、Apple社はこう言います。
「私たちは世界を変えれると信じています。
そして、常に既存の考え方とは違う考え方をしています。

世界を変えるために美しいデザイン、かつ機能性に優れた製品を
世に送り出そうと努力するうちに今回このような製品が
でき上がりました。おひとついかがですか?」

【独自の価値は誰でもつくれます】

スティーブ・ジョブズのような想いや情熱、行動力なんて・・・
自分には、そこまでのものは備わっていないのですが・・・

と不安に感じている方も多いと思います。

ご安心ください。Apple社の事例はあくまで最高の事例として
あげただけであってどんな人でも競争力のある独自の価値はつくれます。
独自の価値は誰もが持っているものです。

そもそも独自の価値は人が持つ価値観や世界観のことですから、
持っていない人はいません。

それでも、「自分の価値観や世界観はちっぽけだ。
共感してファンになっている人なんているのだろうか?」
と不安に思ってしまうかもしれませんが、その心配も無用です。

むしろ、「ちっぽけ」だと思う自分自身の体験
やストーリーだからこそ、むしろリアリティを感じ
させより多くのお客様に共感を得ることができます。

それなのに、なぜ、今回その内容をお伝えするのか?
私は製品の枠を超えて社長の「らしさ」「生き様」の
世界観を商品に深く投影し、消費者の心に刺さる
メッセージを発信することが、
小さな会社でも唯一無二でNo. 1の存在になれる方法だと信じています。

また、私の会社では「小売業の変革を通販で実現する」
をビジョンに掲げ価値を科学的に、ともにつくり上げる
ことを追い続けています。

引き続き、小さな会社でも唯一無二で
No. 1の存在になりたい経営者
を応援したいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。