D2Cブランドとは、実際にはどのようなものなのでしょうか?

D2Cブランドとは、実際にはどのようなものなのでしょうか?

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
自宅のリビングにて

SNSを活用したデジタルマーケティングこそ
新しいデジタルを組み込んだD2C
ブランドになります。

本題へ

日本のメーカーが
D2Cブランドを立ち上げるためには?

どんなビジネスにおいても全体設計図と
手順がないと無駄が多くなります。

例えば、D2Cにおいては広告で売る
以上に重要な手順があります。

最初から、ユーザーを巻き込んで
フィードバックをもらう習慣をつける
ことになります。

その流れがあると、購入した後に顧客から
フィードバックをもらうことも
普通になります。

長く使い続けてもらうためには、
次もまた買ってもらうことが大切です。

同様に、誰かに紹介して頂くためにも
事前期待を超える事後評価になるためには、
フィードバックが癖になっていないと
おきません。

日本にはメーカーと流通が共同で築いてきた
効率的に売る仕組みは優れたモノです。

コンビニのようにメーカーとしては
棚の良い場所に置いてもらえれば
商品が売れるわけです。

よって、棚を制する商品が売れると
いう方程式が小売業にはあるわけです。

流通の流れに寄り添うことで
売れる、を重視してきました。

しかしながら、デジタル化によって
メーカーも顧客からのフィードバックを
直接受け取れるような機会があります。

だから、D2Cブランドを構築したい
というメーカーが増えているのが現状です。

その課題を一言で言いますと、
つくりたいものをつくる
というメーカー魂からの脱却が課題だと思います。

このような課題を自覚した上で、
自社ならでのD2Cブランドを構築してください。

魔法の杖という特効薬はありません。

商品企画とマーケティングが
ダイレクトにつながらないと
D2Cブランドはうまく機能しません。

ニッチなユーザーに対して
ダイレクトコミュニケーションを行うことにより、
スピード感を持ってブランド化することが大切です。

流通を通さずにECなどの
ダイレクトなチャネルでの販売が
主体となるので物流コストも発生します。

ユーザーがメーカーと一緒に
作っているストーリーを共有すること。

その体験価値を綿密に設計して
練り上げなければなりません。

そのためにも、これは本当に欲しい商品なのか否か
なぜそう思っているのか?
などの問いにきちっと回答でき
言語化する必要があります。

正面からユーザーの声と
向き合うことで企業は鍛えられます。

向き合うことで得られる知見をもとに
1つのブランドの卵を産む出す
ドライテストをシリーズ化やカテゴリー化
してみてください。

中小企業におけるD2Cブランドの
成功のポイントは、ユーザーを一緒に
巻き込めです。

スタートアップ段階や2本目の柱では
ビジョン傾注型に陥らないことみ大切です。

もちろん高いビジョンを持つことは大切ですが、
ビジョンが高いD2Cブランドが成功するとは
限りません。

それよりもユーザーへの最初からの巻き込みです。
Whyだけでなく、What、Who、Howを
イメージし言語化した地道な
企業活動にユーザーも体験しやすいです。

D2Cブランドであっても同じです。
あまりに理想的なビジョンを掲げてしまうと
現実と理想の乖離に苦しむので気をつけてください。

【追伸1】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。