インターネット通販を成功させるポイントは作業ではない!

インターネット通販を成功させるポイントは作業ではない!

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
ブランディングができます。

小売業の変革を通販で実現する、の旗の元、
【共創価値を科学的にする】ことを
追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの価値を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、

「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
プロデュース支援活動をしています。

From:通販プロデューサー西村公児
銀座の事務所にて

今日は、アクションセンターがある表参道で
待ち合わせをしてから、タイカン見に行きました。

日本国内でのポルシェの電気自動車
お披露目イベントであるScopes Tokyoというイベントです。

雨のせいもありますが、あまり人が入っていないのが
残念でした!

本題へ

インターネット通販を成功させるポイントについて共有
したいと思います。

なぜか?
と言いますと、

こんな質問が来るからです。




1決済会社といつ契約すれば良いですか?

2LP制作でインスタグラマーと栄養士を
頼み打ち合わせを進めたいのですがいつ頃でしょうか?

3運送会社との打ち合わせはいつ頃になりますか?

4レターパック、同梱物の制作を進めたいのですが
業者紹介してもらえませんか?

これ自体は悪くはありませんが、これって
私に言わせて頂くと作業手順です。

よって、スケジュールを組む段階で
イメージをしておく必要があります。

それよりも重要なポイントは、

お客様の立場を考えて、
お客様が喜ぶ事を自分の事に変えられる
こと
が成功の鍵です。

別にこれって当たり前じゃんと言われますが、
残念ながら当たり前のことをネットでもするということに
なります。

あくまでも、インターネットは
通販のツールの一つと思う事が重要です。

今更ですが、接客対応なので
インターネットは特殊(特別)ではない
ということになります。

従来のカタログ通販の仕組みと
比較しても、スピード性や初期の告知費用が
違うだけで儲かる仕組み自体は
変わってはいません。

マーケティングα部分の集客部分が
たくさんの無慮のツールの登場によって
変化しているだけだけです。

昔から言われていることは、
・デジタルをアナログに置き換える
・アナログでやっていることをデジタルに置き換える

です。

いかに多くの顧客が出来ても、
1人のお客様を満足させられる
仕組みが無ければ
多くの顧客を失い離れてしまいます。

よって顧客コミュニティの基本と同じで
顧客との交流はアナログですべきなんです。

何を誰に対して
価値提供するのか?をはっきりさせる

ことが重要です。

インターネット通販で成功するためには
初めは専門通販からスタートを切る事をお勧めします。

自分が「これだ」と思う商品を探してきて、
自分の言葉で思いを伝えても
上手くはいきません

「ターゲット」の問題やお悩みにフォーカスを
してストーリーを作ることが可能か否かです。

その為には、自分のこだわりを捨てることです。

お客様にとって一番魅力がある商品を
フロントエンド商品に位置付けし
バックエンド商品に進んでもらう
流れを作るのです。

そのためにはしっかりターゲットを絞りこむ
ことが流れを作るコツになってきます。

レスポンスを高める為には、
ターゲットを絞り込み確実性の
高いねらい(あたりをつける)
をつける必要があるのです。

一方、ストーリーを作成
していくので確固たる経営理念を持つ
ことが必要になります。

単に「売れるから」ではダメなので
大義名分がポイントです。

インターネットをはじめカタログ通販は
最初からお客様の顔が見えません。

幾多の困難がありくじけそうになった時、
一筋の光として支えになってくれるものが
経営理念です。

経営理念は事業の指針です。
企業としての姿勢、主張,哲学と言ったもので、
価値観に基づいたビジネスの
方向性を示すものです。

長期的な視野に立った普遍的なもので、
事業の隅々まで浸透させる必要があります。

1) 事業計画の必要性
2)事業計画書の作り方

2年・4年間の中期計画を具体的なエクセルを
使用して数値に落とし込みをしてみます。

クラファンにしてもサブスク
モデルにしてもそうですが、
商品を売る前に信用を売る」ことが
重要です。

そのためには、どうするのか?
※信頼を勝ち取るには

“物を売る前に信用を売れ”と
キングコングの西野さんも
良く言われています。

そのためには、顧客が喜ぶ事を
考える必要があります。

信用を築く事に気を使い、
信用残が出来たときに
初めて固定客がつくのです。

その結果、
モノもおのずと売れてくるものである。
後は、安心して利用してもらえる環境や
状況を作ることになります。

例えば商品注文後、午後までであれば
2時間以内に顧客に返信メールを送る事により、
顧客満足度が高くなります。

実際には、その程度かもしれませんが、
どれだけ顧客は安心されるかわからない。

 

 追伸1】

通販の売れる研究する勉強会が毎月1回実施していますので
ぜひ、覗いてみてくださいね!
⇒ 
https://tsu-han10.jp/wlp/201910lpseminar/

無料で相談が出来る(最新!通販ビジネス成功6ステップ講座)
⇒ https://tsu-han10.jp/webinar/index_reloop.html

本業&趣味のスキルが活かせる「副業」案内「自分にはムリ」と嘆くのは、
まだ早い!
⇒ https://pink-project.net/

【追伸2】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を
成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を
大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえで
ステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から
改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

通販コンサルタントの場合、とくに商品やサービスを
販売・提供するわけではなく、コンサルティングそのものが商品です。

つまり「クライアントの課題を明らかにする」こと、
もしくは「課題を解決するための方法を考える、あるいは手伝いをする」
ことそのものが商品であり、コンサルティング行為に対して報酬を受けます。

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。