総額表示義務化から更に影響を受ける定期購入の縛り販売とは?

総額表示義務化から更に影響を受ける定期購入の縛り販売とは?

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
自宅のリビングにて

4月1日の総額表示が義務化から数日たちます。
具体的な表示媒体は大丈夫ですか?

本題へ

実は、消費者に対する値札や広告においての
消費税相当額を含んだ支払い総額の表示を
義務付ける「総額表示方式」がスタートしました。

義務付けは2004年4月1日からされておりました。

対象となる取引は、一般顧客(BtoC)に対しての取引です。
つまり、
・消費者に対して商品の販売
・消費者に対してサービスの提供を行う場合
には総額表示が義務付けられます。

その中には以下の様なものが含まれています。
紙媒体や電子媒体の種別を問わず
全てです。

具体的には、

LP・HP(インターネットホームページ)
電子メール・新聞・雑誌・ポスター・テレビ等の媒体の広告
値札・商品陳列棚、店内表示、商品カタログ等への価格表示
商品パッケージなどへの印字、はすべてになります。

しかしながらBtoBのような、事業者間での
取引は総額表示義務の対象とはなりません。

11,000円の場合

・11,000円(税込)
・11,000円(税抜価格:10,000円)
・11,000円(うち消費税額等:1,000円)
・11,000円(税抜価格:10,000円、消費税額等:1,000円)
・10,000円(税込:11,000円)
5種類の表示方法があります。

総額表示義務に違反した
場合の罰則はありません。

しかしながら、ある時突然罰則が付く可能性が
高いですし、「違法」状態であることに変わりはありません。

消費者からのクレームが来る
リスクは高くなります。

その為、コンプライアンスの観点からも、
すぐに対応しておくことが望ましいです。

この後には、定期購入の回数縛りについて
メスが入ることが有力視されています。

健全な定期購入の回数縛りモデルを実施するには
現時点では、どのようなことが
需要なのでしょうか?

まず、大前提として理解したいことは、
平成29年12月1日に施行された
改正特定商取引法において、
定期販売自体に販売条件を
明記する義務が規定されたことです。

2回以上継続する定期販売を行うためには、

・定期である
・総額金額
・契約期間
・特別な条件の記載
・縛りがあるときは、その旨
また、任意で解約できる
5つの項目が必須項目になります。

定期購入の縛りがなくなると、
顧客は不自由な契約から解放され、
よりよい買い物ができるようになります。

EC事業者としても、問題になりやすい
モデルから脱却でき、
さらに進化を遂げることができます。

事業者側が気になることは
・LTVの確保
・予測の再現性の高さ

がウリであった縛りモデルを
やめることで、ビジネスにどのような
影響を及ぼすかという問題です。

この解決策には、事前にファンを
作った上で小さく世の中に出す
ことになります。

魅力的な広告を見て
無料でお試しできる、と飛びつかない冷静な視点
が重要です。

注文する前に販売条件や解約・返品の規定を
よく確認してください。

初回無料、回数縛りなし
と表示されていても、初回での解約は
通常料金となったり、
商品発送の○○日以内までにお電話で
といった解約条件が付されているケースもありました。

注文最終画面では、定期購入
となっていないか、契約総額はいくらになるのか?

時間をかけてじっくり確認して下さい。
それでも、困ったときは一人で悩まず
消費者ホットライン「188」に電話してください。

【追伸1】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。