LTVを最大化してリピーターを獲得するって?!

LTVを最大化してリピーターを獲得するって?!

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
銀座の会議室にて

こんなコメントを頂きました!

有識者会議で貴重なご意見を頂きありがとうございました。また、著書をお送り頂きありがとうございました。勉強させて頂きます。

EC関連については、全国の●●●等が勉強する機会をもっておりますので、講演等もお願いできれば幸いです

研修企業も規模が大きくなるととてもワクワクして来ます!

本題へ

ネット通販が既存顧客の売上を増やすにはCRMの強化が欠かすことができません。しかし、社内体制や人の問題でボトルネックとなり、効果的なCRM施策を実践できていないケースがあります。

リピート顧客を増やし、ネット通販の収益を高めるCRMを実現するために必要なことは何でしょうか?

ネット通販で成功している企業がCRMで実践している3つのシナリオについて共有します。

成功している多くのネット通販が導入を進めているのがCRMシステムです。
しかし、CRMシステムを導入しても思ったように効果が上がらないというお悩みの声は多いです。

成功しているネット通販会社は、次に掲げる3つのCRM施策を実施しています。

・購買買向に合わせたCRM販促
・最終購入日付けからのCRM販促
・タイミングを逃さないCRM販促

になります。

購入履歴に基づき顧客属性を分類します。優良顧客に対するシークレットセールや、過去の購入商品に合わせたレコメンドなどを行う施策はCRMの王道です。

また、お誕生日などの記念日にクーポンを配布したり、平均購入間隔で販促メールを送付したりするのも通販会社のテクニックに一つです。

このようにお客様の行動履歴をセグメントします。

閲覧履歴やサイト内の行動履歴に基づき、顧客の興味に合わせた販促を行うCRMはネット通販での王道になります。

アンケートへの回答などをベースにお客様をセグメントします。
購入動機や用途など、お客さまの声に基づいた販促を行うのは、今のネット通販のCRM施策のベースになっています。

多くのネット通販企業は、顧客のセグメンテーションを実施した上で、お客さま単位に適切な販促活動を行いたいと考えていますが、しかし実際には、9割は一斉配信のDMやメールマガジンといったマス中心の施策しかできていません。

顧客データは蓄積されているものの、それらのデータが一ヶ所に集まっていないため分析ができず、統合的に顧客像を理解すらできないのです。

顧客のLTVを向上させるためは、
・データの統合
・単純作業の自動化
・顧客の見える化

の3つはとても重要です。

1)データの統合
社内に分散しているデータを現場が容易に取り扱うことができることが第一優先事案になります。

購買データや顧客データなどがバラバラのツールやエクセルに分散して格納していると、必要なデータを抽出して加工するだけでも大変な労力がかかります。

2)単純作業の自動化
人手を要していた単純作業をITによって効率化することをオススメします。
それにより、スタッフの時間をよりクリエイティブな業務に充てさせることで利益アップに繋がります。

3)顧客の見える化
分析のプロセスなどのブラックボックスを過程プロセスを可視化し、顧客の本当の姿(現状)を理解することはとても大切です。

多くの通販のマーケティングの現場では、これらの対応策を実施しようとしてもできないことが阻害要因となっています。

あらゆる通販のデータを統合し、ワン・トゥ・ワン・マーケティングの自動化を実現することが正にシステム投資の領域になります。

効果的なCRMの実現に必要な一連の業務を、単一システム上でできるように心掛けて下さい。

とにかく、データ統合がCRMの基本中の基本です。

顧客像を把握しワン・トゥ・ワン・マーケティングに移行することでデータを統合してください。

更に、自動化することで、顧客のセグメンテーションをはじめ、顧客に合わせた最適な販促施策のシナリオ設計や、アクションが簡単に行えるようになります。

【追伸1】

通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
「愛されネットショップ教室」のオンラインサロンって何?

女子は楽しいが仕事にオンラインサロンで学べて
リアルでもアイディアが共有できるような環境を提供するために立ち上げましたご確認して見てくださいね!

「これは、女性のビジネススタイルの革命を起こす一大プロジェクト」で
名付けて、「ピンクプロジェクト」です。

私達は、女性の「時給単価を上げて働き方改革を実現する」をテーマに活動を
しています。
オンラインサロンはこちら
↓↓↓↓
https://pink-project.net/

【追伸3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料オンラインプログラムの目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】最新の「年商10億通販」の作り方
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/Y2ADwX85/
【2】通販ビジネス成功の6ステップとは?
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/DWuhPx6l/
【3】緊急ビデオコンサル
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/5qA3Z5Og/
【4】会社の利益が大きく変わる!
  LTV(顧客生涯価値)を高める戦略
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/VGwR129q/
【5】緊急ビデオコンサル その2
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/WvEu4s6n/
【6】セミナー&説明会の風景
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/N6FiwWGf/
【7】10月21日セミナーを振り返って
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/ccDQAMZK/
【8】10月22日セミナー&説明会の様子
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/xjmiqBu1/
【9】緊急ビデオコンサル その3
⇒ http://smail.omee1.com/l/0335LP/qGHJbtvf/

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
さらに詳しくはメルマガにて。

↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。