ここで抽出するR値、F値、M値の定義を教えてください!通販成功モデル

ここで抽出するR値、F値、M値の定義を教えてください!通販成功モデル

今日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」
プロデュース業をメインに活動しています。

さて、本題へ
From:西村公児
銀座の事務所より

本日は、京都の顧問先にきています。
今、まさにデータを分析して顧客RFM を定義化
しています。

どの基準で点数付けで評価していくか?
また
実際の運用面を考えて
いわゆる、パラメータを設定しないと
いけません。

お客さま満足度をあげるためには、
単にRFMのみでは厳しく実際には、
最終購入日付けからの在籍期間が
とても重要になってきます。

10万件を突破すると
エクセルでは厳しいので(重いので)
アクセスなどを使用して
分析することをオススメします。

まずは、2年間のデータを抽出します。

具体的には、こんな手順と条件になります。

2年間のデータ抽出になるので
作業レベルでの条件を記載しておきます。

アクティブ顧客と非アクティブ顧客を類推ではなく
数値として検証した上で見たいので
今回の抽出は、2年間で初回購入がある
お客様のみを抽出して頂く必要はありません。

M値:
顧客単位別の請求金額を抽出してください。
※返品金額が加味されていなくても大丈夫です。

F値:
注文別のお客様単位で1回以上の注文があった
お客さまを抽出してください。

R値:
2017年9月30日時点から過去2年間に
さかのぼって最終取引と抽出した時点の期間を抽出して
ください。

※この中には、初回購入のお客さまのみである必要は
ありません。(非アクティグも検証するため)

例)
Aさんは、最終取引日が2017年8月1日であれば、
2017年9月30日から2017年8月1日を
引いた日数が在籍期間になります。この期間を
把握します。

まずは、現状を把握することから
初めて見てください。

このあたりの詳しい内容はこちらを
ご覧ください。

http://xn--tcke6n4a3387h9ke.jp/category/direct-online-shopping-marketing/

追伸

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

 

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。