メールマーケティングはネット通販ビジネスにとって成功するルール

本日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」をテーマに
通販プロデュース業と通販専門のコンサルティング業
をメインに支援活動しています。

From:通販プロデューサーの西村公児
銀座の事務所にて

ネット通販の億超えのルール
の戦術、第4章から第6章の打ち手を
動画で収録をさせて頂きました。

書籍には書けなかった内容をまとめて
動画にしたので是非、編集が終われば
確認して頂ければ嬉しいです。

デジタルの進歩によって
ネット通販の集客も
顧客タッチポイントの多角化になっています。

そのためには、ネット通販も
データを分析し、個々人に合わせた
コミュニケーションプランの作成、
リピート促進の施策策定が必要ですね!

キーワードは、「オムニチャネル」
「デジタルマーケティング」です。

その結果、データを活用した
CRMの重要性がますます高まり、
他社と差別化したネット通販の
マーケティング手法が必須となって
いますね!

本題へ

ネット通販において
メールは長い間デジタルマーケティングの中心でした。

ダイレクトマーケティングにおいては、高いROIを生み出していました。

競争の激しい小売業のなかで、競合に勝つために必要な、
1対1のアクションは、パーソナルに情報を
消費者に届けることができます。

よって、メールは最も自然なチャネルだといえるんですね!

しかしながら、小売事業者が長年使ってきた
ネット通販のメールマーケティングの戦術が
だんだん効かなくなってきているのです。

数多くのキャンペーン
ターゲティング
仕掛け作りに追われて

ネット通販のマーケターのやることが大変になっています。
さらに問題なのは、それらのネット通販の
メールマーケティングが、ほとんど、売り込みのみ
になっているからです。

私もメールマガジンは、なるべくチェックを外して
注文をするケースが圧倒的に多いです。

ルイヴィトンやポルシェのような世界観がある
素敵なメールではなく、買ってくださいね!
というメールばっかりだからです。

今回は、ネット通販の小売事業者が
売り込み以外の課題を解決して、
売り上げと顧客のロイヤルティを高めるための
3つのメール戦略を共有します。

メールの復活を再構築する内容になります。

1. パーソナルな情報を提供してロイヤルティを高める

ネット通販の成功のルールは、実はメールマーケティングが不可欠です。
売り込み以外のコンテンツがとても重要なんです。
私のお客様のメールコンテンツの中には、こんなコンテンツがあります。

(例)
「マサル」を育てた大仙市の方と
いうのが…秋田工場スタッフの親戚に
あたるとのこと!!!!!!

まさか、こんな身近でそんなことって!!
人生、分からないものですねぇ~。

見渡す限り、山と田んぼだけに囲まれた
静かなる●●秋田工場に起きた
今年最大の大事件でございました(笑)
ロシアでも、どうか元気に。
そしていつかは、ザキトワ選手と里帰り。
な~んて事があったらうれしいですね♪

※ミニ秋田弁講座「おなご」=「女の子」
このような地域の良さを発信することもポイントの一つです。

しかし、多くのネット通販はロイヤルティの高い会員向けの
メールをカスタマイズしておらず、
メールの効果を最大限に利用していません。

メール使ってロイヤルティプログラム強化するその他の
方法もご紹介します。

購入金額と獲得ポイントを
リアルタイムで見せる、という技も有効です。

ポイントはシンプルなルールにしてください。
ネット通販のお客様がロイヤルティのプログラム
を継続する一番の理由は、「わかりやすいから」です。

マイページの管理画面のみではなく、
メールには最新のポイントを表示することも技術的には可能です。

よって、メール送信後にポイントを獲得した
お客様がいるとしたら、メールが開かれた瞬間に
新しいポイント額が表示されるようにしましょう。

次はどのステージになっているのかを
明確にお客様に伝えることが重要になります。

現在のステージやポイントでどんな
特典があるのかをも一緒に伝えることができます。

データを可視化して、お客様が理解しやすいようにする
がポイントになります。

2. 販促メールにリアルタイムな【緊急性】と【限定性】を入れる

この手法は、戦略というよりもコネタですが、モール系の楽天市場などでは
とても重要なメールの使い方になります。

個人的には好きではないですが、お客様に
注意を惹きつけることで、驚くほど効果的です。

キャッチコピーなどを磨いて売上をつくる
ための開封率をアップさせるようにしてみてください。

少ない社内リソースでより多くのキャンペーン情報を送る
ことができないかということがポイントになります。

生産性向上は多くのネット通販の成功のルール
になります。

小さな会社のネット通販のマーケターにとって大きな課題です。
少人数のチーム、タイトなスケジュール、限られたリソース
という制約があるなか、すでにあるコンテンツを利用して
簡単にすばらしい効果が発揮できる
ような販促も手にしてみてください。

同じ販促プロモーションであっても
コンテンツを別の目的で使用することで全然違う結果
になります。

メールマーケティングでは、人気のコンテンツを
別の目的で使うこともコストがかからないので簡単にできます。

たとえば、自社で更新しているブログを持っていたら、
そのなかで最も人気の高いブログ記事を
活用して新しい顧客にウェルカムメールを出すことも可能です。

ベストセラーや人気の高い商品について
書いたブログでも良いですよ!

メールを送る際に画像を忘れてはいけません。
一貫性のあるブランド体験をしてもらうためにも、
ネット通販の場合は、ウェブサイトに掲載している
商品画像を販促プロモーションの
メール中に入れるのを忘れないでください。

3つ目は、タイムターゲティングを使う

タイムターゲティングを利用すれば、
メール開封時間によって違う販促
プモーションを提供することも可能ですし、
SNSのLINEとのシナジーもできます。

送るメールのコンテンツは1つなので、
マーケターの時間が節約されますよ。

メールを開ける時にお客様がどこにいるかを
知ったうえでコンテンツを提供すれば、
更に役立つ情報になるでしょう。

位置情報やその時の天気によって
プロモーション情報を提供することができます。

アイディア一つで色々なお客様との関係性を
強めることもできます。

もし、ネット通販と店舗が連動
している場合は、近くの店舗を示す地図や
お店の営業時間を提供すれば、実店舗への誘引も
可能です。

ネット通販のメールの使い方は、
オンライン、店舗、そしてその中間においても重要なハブ的存在になります。

メールマーケティングを効果的に行えば、
プロモーションをより効率的に展開し、
売り上げをアップし、
お客さまと関係性を構築する
ことができます。

ネット通販のメール戦略を自社の
メールマーケティングに取り入れることによって、
お客様とのWin-Winの関係を築くことが
できると同時に、
ネット通販ビジネスにとって成功するルール
になってきます。

【追伸1】
通販専門のコンサルティングって何?

ネット通販のビジネスを本気で伸ばしていきたいと
お考えの経営者のあなたに対して20年以上現役で通販の
事業会社で実務を実践し、ゼロイチから11の事業を成功させた専門家である、
売れる通販プロデューサー西村公児が数値にコミットメントして、
あなたのネット通販事業の業績を大幅に伸ばすコンサルティングを総合的に行います。

これまで年商600億円レベルの通販企業の社員実務の経験から、
あなたの会社のステージに合った最適な施策を実施していきます。

ほとんどのネット通販の企業は、更なる成長を行っていくうえでステージごとに
実行すべき施策とKPIの抜け・漏れがあるため、
全体的な6ステップを踏む事ができていません。

・ネットでスタートしているので紙媒体の同梱物の制作の作り込みが甘い
・カスタマージャニーが完結されていないのでリピート率が上がらない
・CRMにビッグデータ・AIを活用していないので自社の商品を買う事が前提で組んでいる
・広告のみに依存しているので自然検索からの流入がない

このような問題からの課題発見から改善策の提案から実行まで
御社に訪問してお手伝いいたします。

これが通販コンサルティング事業の考え方になっています。

【追伸2】
「愛されネットショップ教室」のオンラインサロンって何?

女子は楽しいが仕事にオンラインサロンで学べて
リアルでもアイディアが共有できるような環境を提供するために立ち上げました
ご確認して見てくださいね!

「これは、女性のビジネススタイルの革命を起こす一大プロジェクト」で
名付けて、「ピンクプロジェクト」です。

私達は、女性の「時給単価を上げて働き方改革を実現する」をテーマに活動を
しています。
オンラインサロンはこちら
↓↓↓↓
https://lounge.dmm.com/detail/618/

企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。