全体設計図とは!

通販の全体設計図 6ステップ法

こんにちは!
売れる通販プロデューサーの
西村公児(株式会社ルーチェ)です。

今日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、

売れないを売れるに変身するプロデュース
をメインに活動しています。

毎週、週末はジムに通って健康維持のため、
ランニングや水泳をみっちりしています。

おかげ様で気になっていた血圧は、120台で落ち着いています。

よってジムの後は、体が気怠く感じます。

さて、本題へ

伝説の通販バイブルを書いた時にまとめた詳細の資料が
通販ビジンス(その解剖図を科学的に支援するコンサル
メニュー)の小冊子をまとめました。

この中でこんな質問を入れています!

その質問は何かと言えば・・・

通販事業で成功するために必要なものわかりますか?

「集客できればいい」
「売れそうな商品があればいい」

もちろんそれも大事ですが、
集客できても商品が売れないこともありますし、
売れそうだと思う商品があっても売れるわけではありません。

いくら集客しようと商品を開発しようと、
あるモノを知らないと通販事業では成功できません。

そのあるモノというのは、
「全体設計図」です!

いくらお客様がサイトに来ても、商品がいっぱいあっても、
「全体設計図」つまり戦略がなければ商品は売れません。

売れるように仕掛けなければ、
通販事業で成功することはできません。

売れる「全体設計図」を無料でお伝えしていきます。

なぜ、無料でお伝えをするのか?

その理由は、
経営者にとって、売上が伸びないことほどつらいことはありません。
このつらさは、私自身もよく理解しているつもりです。

私はかつて、サラリーマン時代から沢山の
通販のプロモーションや新規商品の立ち上げに携わり、
マネジメントを担当してきました。

守秘義務もあるので詳細はお話できませんが、
・ホームページ制作
・ステップメールのシナリオ設計
・決済システムの導入
・通販システムの導入
・新規化粧品の販売プロモーション
・優良会員の仕組み化
・債権回収
・マーケティング代行
・スマートフォン集客
・RFM分析
・クレーム対応マニュアル作成
・その他

このように、通販に関わる、
ありとあらゆるビジネスを経験してきました。
その中で、売上が思うように伸びないことに
悩んでいる経営者の方をたくさん目にしてきたのです。
巷にも通販のノウハウはたくさん存在します。 このような通販ノウハウを一度は
目にしたことがあるのではないでしょうか?

しかしながら、これらのノウハウには弱点があります。

それは、そのほとんどが
立ち上げ段階で多数のコストを必要とするモデルだということ。
もしくは、売れても薄利多売で稼ぐことができないということです。

これまでは、人的リソースや巨額の広告費に
依存しない、収益性の高い通販事業モデルは存在しませんでした。

これでは、巷の通販ノウハウを
小規模の通販会社が実行できるはずがありません。

しかし、高単価商品のようなバックエンド商品、
顧客が生涯にわたって生み出すLTV(顧客生涯価値)を活用した、
通販戦略は、小規模企業でも大きな売上を残すことができます。

中小零細企業が通販で10億円の売上を突破するためには、
このモデルと、そこにいたるまでの“成長のプロセス”を
よく理解しておく必要があります。
もちろん私も、最初からこのことを知っていた訳ではありません。
どれだけ長く通販に関わる仕事を続けていても、
最初は売れる仕組みを作る方法が全く分かりませんでした。
ですがあるとき、
売上に困っている通販オーナーの経営者には
“ある共通点”が存在することに気がついたのです。

とりわけ、売上1億円を突破できない経営者に
よく見受けられるようです。
では、売上1億円すらも突破できない
本当の理由とは何か?
その理由は…
売上に困っている経営者のほとんどが、
“流行りのダイレクトレスポンスマーケティング”だけに依存しているのです。

例えば、「動画集客」や「スマートフォン集客」のように、
イニシャルからコストがかかってしまう流行の集客手法に
手を広げているのですが、その結果、動画の編集費や
新規サイトの運営費、広告費などのコストに
多額の費用を投下していることがわかりました。
もしもこのように「流行の手法」だけに目を向けているのであれば、
全体設計自体を見直す必要があります。

はっきりと言わせていただきますが、それは
売上を最速で上げるためのモデルではないのです。

追伸
企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。