通販の全体設計図とは何か?【続きNO2】

通販の全体設計図とは何か?

こんにちは!
売れる通販プロデューサーの
西村公児(株式会社ルーチェ)です。

今日もお忙しい中、
ご覧いただき
ありがとうございます。

単なる製品の販売を超えて
商品に社長の「らしさ」・「生き様」を
投影して、人の心に刺さるメッセージを
発信することで、小さな会社でも
小売業の変革を通販で実現する、

をビジョンに掲げ、
【共創価値を科学的にする】こと
を追い続けています。

あなたのビジョンと価値提供を
ギフトとして、最大限に引き出して

あなたの売上を最大化しながら
世の中をよりよく照らし、
お客さまと共に共創しながら、
「売れないを売れるに変身させる」
プロデュース業をメインに活動しています。

さて、本題へ
以前、お話をした全体設計図についての
続きをお伝えしていきます。

質問です。通販事業で成功するために必要なものわかりますか?

「集客できればいい」
「売れそうな商品があればいい」
もちろんそれも大事ですが、

集客できても商品が売れないこともありますし、
売れそうだと思う商品があっても売れるわけではありません。

いくら集客しようと商品を開発しようと、
あるモノを知らないと通販事業では成功できません。

そのあるモノというのは、
「全体設計図」です!

いくらお客様がサイトに来ても、商品がいっぱいあっても、
「全体設計図」つまり戦略がなければ商品は売れません。

売れるように仕掛けなければ、
通販事業で成功することはできません。

作業やテクニックもありますが、
全体をどう設計するのかはとても
重要何ですよ!

通販の全体設計図は、私の考えでは
価値を高めて販売するための道標になります。

誰がいうのか?
何をいうのか?

が究極的に重要です。

特にお客さまの悩み・欲求を解決できない商品は
選ばれるようになりません。

だからこそ、あなたから
買うべき理由がない商品は売れないので
お客さまの心理の壁を突破する必要があるからです。

お客さまの人数も売上も利益も減り続けている
一体、どうすれば・・・
とお悩みではありませんか?

もしこんなお悩みをお持ちでしたら、
いくら集客に力を入れても
問題が解決しない可能性があります。

もしかすると、あなたのビジネスの商品・サービス
が古くなり、お客さまが求める価値提供が
できなくなっている可能性があるかもしれません。

でも、心配はいりません。

あなたのネット通販の
ビジネスの新しい設計図を書けば、
今まで以上にお客さまに求められるように
なるための道筋が分かります。

今回は、通販ビジネスの設計図(仕組み)
の全体設計図のビジネスモデルについて書いていきます。

ビジネスモデルを知ることで、
最初から成功確率の高い通販ビジネス
アイディアを企画に落とし込む
ことが出来るようになります。

建物を建てるときは設計図が必要です。

通販ビジネスも同じお客さまが増えて、
売上が上がって、利益が残るかどうか?は、
全体のビジネスモデルで最初から決まっています。

ビジネスモデルとは、通販ビジネスの設計図(仕組み)です。

例えば、通販の販売価格1000円の商品を200円で仕入れ、
販売経費300円かけて売って、
残る利益は500円。

これがビジネスモデルです。

事業を運営するのに毎月50万円の利益が必要な場合は、
小売価格1000円の商品を1000個売らなければなりません。
(50万円÷500円=1000)

もし月に1000個を売るのが不可能な場合は、
この設計図は最初から破綻しています。

また、得られる可能性のある売上金額と、
掛かる経費を差し引きしてマイナスになると、
赤字のビジネスモデルになります。

破綻や赤字のビジネスモデルを回すと、
営業すればするほど赤字になっていきます。

これを新しいビジネスや、
新しい企画を実行に移す前に、全体設計図である
全体設計図を作ることで、失敗しにくく成功
しやすい状態を作ることが出来るのです!

多くの小さなネット通販の事業者は、
通販ビジネスの全体設計図を
作らずにビジネスを始めています

結果どうなっているでしょうか?
多くの方の通販ビジネスが破綻します。

重要なポイントは3つあります。

1.通販ビジネスやアイディアを立案する前から強み・弱点が分かる
2.情報共有がしやすくなるので、スタッフ間での意思の疎通でのトラブルが起こりにくい
3.経営者もスタッフもビジネスによって成長する!

追伸
企業HPはこちら
↓↓↓↓
http://luce-consulting.com/

東洋経済オンライン掲載 記事
↓↓↓↓
http://toyokeizai.net/articles/-/125443

地上波、ビジネスフラッシュに出演
↓↓↓↓

『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)の立ち読み無料版
↓↓↓↓
goo.gl/ojecHm

★西村公児の新刊★
『伝説の通販バイブル』
(日本経済新聞出版社)
↓↓↓↓
https://goo.gl/ADnpZk

さらに詳しくはメルマガにて。
今ならセミナー動画を含む、
スペシャル動画10本以上プレゼント中です。
↓↓↓↓
https://goo.gl/IF20Ty

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

西村公児

株式会社ルーチェ代表取締役   年商600億円の上場企業の通信販売会社 で販売企画から債権回収のまで16年経験。 その後、化粧品メーカーの中核 メンバーとして5年マーケティングに参画。 大手エステ系企業の通販ビジネスのサポート で200%売上アップ。 ニュージーランドのシンボルフルーツ企業の 販促支援でレスポンス率を2倍アップ。 某健康食品会社の事業開発及び通販支援で 新規会員数が2,000名増加など、 通販ビジネスと、売れる商品開発のプロ として誰もが知る有名企業の ヒット商品の誕生に多数関わる。 売れる商品を発掘し、ヒット商品に変える 独自メソッド 「ダイレクト通販マーケティング理論」 を提唱。 中小企業から中堅企業をメインに、 企業に眠る“売れる商品”の発掘を数多く サポートしている。 国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を 当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演。 また、著書にはベストセラーとなった、 伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)がある。